カミソニア Cammissonia bistorta

カミソニアの花
写真 カミソニア
撮影時期 2004.5.1
栽培状況 秋まき後、鉢植え
科名・属名

アカバナ科
カミソニア属

園芸分類

秋(春)まき一年草

別名

イブニング・プリムローズ

原産地

北アメリカ南西部

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5月

【カミソニアについて】

カミソニアは、北アメリカ南西部原産のアカバナ科の半耐寒性の一年草です。開花の最盛期には株が大きく広がり、写真のようなすっきりとした黄色の花が存分に楽しめます。あまり栽培されていませんが、丈夫で栽培は容易ですし、プランターなどで育てるのにも適しています。

また、こぼれダネから発芽しますので、苗を育てると翌春も花を楽しむことができます。

栽培したところでは、発芽、育苗も容易で育てやすい草花と言えます。このとき(2003年)は霜除けなしで育てています。なお、こぼれダネから翌年も花が咲きました。

【花の特徴と性質】

カミソニアの花

草丈

草丈15p前後で横に広がります。

花の大きさは2p程度です。花色は、すっきりとした黄色です。多花性なので、にぎやかに咲いて花壇やプランターを彩ってくれます。

耐寒性・耐暑性

暖地では、露地で越冬できますが、寒地では霜よけが必要なようです。

学名の説明

Cammissonia・・・・・フランス生まれのドイツ人の博物学者 Adelbert von Chamisso への献名

bistorta・・・・・「二重にねじれた」

【主な種類と品種】

以前は「サカタのタネ」で、タネが販売されていましたが、最近、カタログなどで見かけなくなったのが残念です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

9月中旬〜10月中旬にまきますが、寒地では春にまきます。育苗箱かピートバンにまき、2mmほど覆土します。種が細かいので、厚まきにならないよう注意します。7〜10日で発芽します。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポットや小鉢に植え替えます。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。秋に植え付ける場合は、早めに行い、寒くなる前に十分に根を張らせ充実した株にしておきます。

花壇に植える場合は、植えつけ時に、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢やプランターに植える場合は、株が横に広がりますので、径の大きな浅底の丸形プランターが適しています。

カミソニアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

定植の間隔は、秋植の場合で30p程度、春まきで20p程度とします。標準のプランターには3株を目安にします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよい場所に定植します。鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

咲き終わった花は、こまめに取り除いておきます。

冬の管理

暖地以外は霜除けをします。暖地でも定植が遅くなった場合は霜除けをしたほうが安全です。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけの際、有機質肥料を施しておきます。追肥をしなくてもよく咲いてくれます。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、暖かくなった3〜5月に月に1回置き肥をするか、10日に1回程度液肥を与えます。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

これといった病気はなく、育てやすい草花です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。