オーストラリアンブルーベル

オーストラリアンブルーベルの花
写真 オーストラリアンブルーベル
撮影時期 2006.6.11
栽培状況 開花株購入

科名・属名

トベラ科
ソリア属

園芸分類

常緑つる性低木

別名

ソリア

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

6〜7月

【オーストラリアンブルーベルについて】

オーストラリアンブルーベルは、西オーストラリア州南西部原産のトベラ科ソリア属の常緑蔓性低木です。昔は見かけたことがなく2006年ごろになって広く流通し始めました。写真のように、青紫の小さな花が垂れ下がって咲きますが、蒸し暑くなってくる時期だけに、涼しげな色合いが魅力です。

オーストラリアが原産で、一般にはブルーの花が流通していますのでオーストラリアンブルーベルと呼ばれますが、白花もあります。

【栽培メモ】

前年の夏に買った株を冬はビニールハウスに入れ、暖かくなってからは戸外で育てていますが、つるが伸びて順調に育っていました。しかしながら、うっかりしてやや乾燥させすぎてしまい、その後枯れてしまいました。

オーストラリア原産の植物には、過湿に弱く、また、乾燥させすぎると一気に弱って、その後枯れてしまうものがありますが、オーストラリアンブルーベルもそのひとつではないかと思われます。

【オーストラリアンブルーベルの概要】

オーストラリアンブルーベルの花

樹高

売られている鉢物の印象ではあまり大きくなるようには見えませんが、ツル性でだんだんと枝が伸びていきます。

青紫の小さな花が垂れ下がって咲きます。白花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 比較的強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性、耐暑性はあるようですが、夏の高温多湿を嫌うようです。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Sollya heterophylla

学名の説明

Sollya・・・・・19世紀イギリスの植物学者 Richard Horsman Solly への献名

heterophylla・・・・・「多形葉の」、「異形葉の」

【主な種類と品種】

ブルーの花のほか、白花もあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 乾燥を嫌い多湿も苦手ですので、水やりに注意します。

植え付け

6月頃に園芸店やホームセンターに開花株が出回りますので、通常はこれを買って育てます。耐寒性がやや弱いので、通常は鉢での栽培になります。

無霜地域であれば庭植えできると言われていますが、多湿に弱そうなので庭植えで育てられるところは限られると思われます。

オーストラリアンブルーベルの花

鉢植えの用土

酸性の土壌好みますので、鹿沼土とピートモスを7:3程度に混ぜた用土、あるいはブルーベリーの用土などに植え付けます。

植え場所・置き場所

秋から春までは日当たりのよいところで育てます。梅雨時など長雨の続きそうなときは、雨のかからないところに移した方が安全です。

日常の管理

鉢植えの場合、過湿にならないように管理します。とは言え、オーストラリア原産だけに乾燥にも弱く、水切れさせるといっぺんに弱りますので、こまめに目をかけてやる必要があります。

株が大きくなるにつれツルが伸びていきますので、あんどん仕立てにします。

夏の管理

鉢植えは、半日陰になるところ置き、水切れさせないようにします。

冬の管理

鉢植えは室内に取り込むかフレームに入れて育てます。関東以西の暖地であれば霜の当たらない軒下に移し、水やりは控えめにしますが、乾燥させすぎないようにします。

肥料

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性の固形肥料を元肥として与え、後は、春と秋に緩効性の固形肥料を与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。