オージースノーブッシュ

オージースノーブッシュの花
写真 オージースノーブッシュ
撮影時期 2013.4.3
栽培状況 鉢植え

科名・属名

トウダイグサ科
プセウドアンサス属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【オージースノーブッシュについて】

オージースノーブッシュは、オージーという名前がついているとおりオーストラリア原産で、ニューサウスウェールズ州に自生している常緑の低木です。

枝先に白い小花がたくさんさくところからスノーブッシュという名前がついたものと思われます。

【栽培メモ】

鉢植えで育てていましたが、管理がまずかったのか、夏が近づくと元気がなくなり、結局、枯れてしまいました。やや乾燥する地域に自生していることから、夏の高温多湿が苦手なように思いますが、もう一度育ててみる予定です。

【オージースノーブッシュの概要】

樹高

樹高は60cmほどです。

春に小さな白花がたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い

オーストラリア原産で、夏の高温多湿が苦手のようです。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やや難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Pseudanthus pimeleoides

学名の説明

Pseudanthus・・・・・ギリシャ語の pseudo(偽の)+ anthos(花)が語源です。

pimeleoides・・・・・「ピメレアに似た」

【主な種類と品種】

品種名のついたものは特にないようです。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

植え付け

4月頃に園芸店やホームセンターなどに開花株が出てきますので、これを買って育てます。比較的耐寒性がありますので、関東以西の暖地では庭植えができますが、それ以外の地域は鉢での栽培になります。

購入した開花株の鉢が小さくて根詰まり気味のときは、根鉢をあまり崩さないようにして、一回りか二回り大きい鉢に植え替えます。

オージースノーブッシュの花

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、日当たりのよい、北風の当たらないところに植えつけます。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

水切れさせると株がひどく傷みますので、水やりを忘れないようにします。

生育はゆっくりですので、剪定はほとんど必要ではありません。

冬の管理

鉢植えは、関東以西の暖地では、霜の当たらない軒下で冬を越せます。それ以外の地域は、冬は室内に取り込みます。水やりは控えめにします。

肥料

3月と10月頃に緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。