イエライシャン(夜来香) Telosma cordata

イエライシャンの花
写真 イエライシャン
撮影時期 2014.8.6
栽培状況 鉢植え
科名・属名

カガイモ科
テロスマ属

園芸分類

ツル性低木

別名

トンキンカズラ

原産地

中国南部、ベトナムほか

用途

鉢植え

花期

7月〜10月

【イエライシャンについて】

夜来香と書いて、通常、これをヤライコウとは読まず、イエライシャンと読むそうです。昔の人なら(そうでない人も)李香蘭(山口淑子)の歌をご存知かと思います。テレサ・テンの歌で聞かれた人もいるかも知れません。

チューベローズ(Polianthes tuberosa)を夜来香と思っている人もいるかもしれませんが、これは間違いです。勿論、チューベローズの花もとてもよい香りがします。

栽培したところでは、丈夫で、花付きもよく、ツルの伸びもそこそこで落ち着きました。寒くなる前に、納屋に入れていれて、寒い夜はシヤッターを閉めていましたが、これで冬を越すことができました。

【花の特徴と性質】

イエライシャンの花

草丈

つる性で、5メートルも伸びるようです。

あまり大きくないアンドン仕立てにしていますが、すぐにつぼみが付いて花が咲き出すと伸びは落ち着いてきます。

花は、散形花序(同じ長さの花柄をもつ多数の花が放射状に付いている花序を言います。)で、咲き始めは淡い黄緑色で、次第に濃い黄色に変わっていきます。

芳香があり、その名のとおり、特に夜になると香りが強くなります。

ツルが伸び始めると案外早くからつぼみを付けますが、開花までにはかなり日数がかかります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありません。

学名の説明

Telosma・・・・・ギリシャ語の tele(遠い)+ osme (香り)が語源です。
※ 遠くまでよい香りが漂うことが由来になっています。

cordata・・・・・「心臓形の」

【主な種類と品種】

変種などはなさそうです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

初夏に苗が販売されています。ポット苗に植えられている場合が多いので、8〜10号の大きい鉢に植え替えます。

成長力が強いので、いきなり大きい鉢に植え替えてもさほど問題はありません。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

イエライシャンの花

置き場所

日当りの良い場所を好みます。夏場の直射日光は避けるようにするとしている例がありますが、西日が長く当たらなければそれほど問題はありませんでした。

もっとも、鉢底から花壇に根が張って、庭植えと変わらない状況になっていました。

最低気温は5〜10度ですので、冬は室内で育てます。

植え替え

根がよく張りますので、毎年、冬を越した株を4月下旬〜5月ごろに植え替えます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、半分近く古い土を落として植え替えます。

日常の管理

耐寒性がありませんので、通常は鉢植えにしてアンドン仕立てにします。定植すると、すぐ、ツルがどんどん伸びていきますので、植え付け時にアンドンを立てておく必要があります。

冬の管理

冬は落葉しますので、室内に移すときに思い切って切り戻しをしておくと場所をとりません。水やりはごく控えめにします。

肥料

生育期間中は、1ヶ月に1回程度、緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

葉の裏にカイガラムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。