アストランティア

アストランティアの花
写真 ' バックランド '
撮影時期 2008.6.8
栽培状況 庭植え

科名・属名

セリ科
アストランティア属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ、西アジア

用途

鉢植え、庭植え

花期

6月

【アストランティアについて】

アストランティアは、ヨーロッパ及びコーカサス地方原産のセリ科アストランティア属の宿根草で、その名称、ギリシャ語の「星」という意味の「アスター(Aster)」に由来すると言われています。アスターも同じ語源です。

この属の中で、一般によく栽培されているのはマヨール(A. major)で、最近、種苗会社のカタログでよく見かけます。ただし、耐暑性が弱いことから、温暖地では宿根しにくいと言えます。

【栽培メモ】

秋に、午後は日陰になるところに植えたところ、花は咲いてくれましたが、夏を越すことはできませんでした。

【アストランティアの概要】

草丈

40〜60pほどになります。

花茎2〜3pの比較的小さな花が咲きます。本当は、花びらのように見えるのは苞です。その上にが放射状に広がっているのが花です。花色は白、ソフトピンク、濃い赤色などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

耐寒性はありますが耐暑性が弱く、温暖地での夏越しはかなり難しいと言えます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:比較的やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(温暖地では)かなり難しい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Astrantia major

学名の説明

Astrantia・・・・・ astron(星)が語源です。
※ 星のような散形花序に由来します。

major・・・・・「より大きい」

【主な種類と品種】

'バックランド'

淡いピンクの花です。

'サボンドルージュ'

赤系統の花です。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 春から秋まで、風通しのよい涼しいところで育てます。

植え付け

春、又は秋に植え付けますが、温暖地では秋植えがよいと思われます。植え付けの前に腐葉土や完熟堆肥等をすきこんでおきます。

アストランティアの花

鉢植えの用土

山野草の培養土、若しくは鹿沼土、軽石、腐葉土(又はバーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

植え場所・置き場所

やや多湿で肥沃な所を好みます。また、耐暑性が弱いので、風通しがよく、半日陰若しくは午後西日の当たらないところに植え付けます。

鉢植えも、秋から春は半日陰に、夏場は明るい日陰に置くようにします。

日常の管理

温暖地で栽培すると枝葉があまり伸びないので、株元に直射日光が当たって地温が上がると夏越しが難しくなります。そこで、根元をマルチングします。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。