ルコウソウ(縷紅草) Ipomoea quamoclit

ルコウソウの花
写真 ルコウソウ
撮影時期 2015.9.22
栽培状況 春播き後、庭植え
科名・属名

ヒルガオ科
イポメア属
(サツマイモ属)

園芸分類

春まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

熱帯アメリカ

用途

庭植え(垣根)、鉢植え

花期

7月〜9月

【ルコウソウについて】

ルコウソウは、熱帯アメリカ原産のヒルガオ科イポメア属(サツマイモ属)の春播きの一年草です。もっとも、本来は宿根草ですが耐寒性がないので一年草として扱われます。

花は小さな星形のもので、それほど密に咲くわけでもないので、あまり印象に残る花ではないかもしれません。しかし、写真のように、細かく切れ込んだ葉が密に茂ってきますので、何とも言えないよさがあります。

育てる際は、ツル性ですのでネットに這わせたり、トレリスに絡ませるなどして楽しみます。

栽培したところでは、性質はとても強く、ツルもよく伸びますので誘引をする必要はあるものの、夏から秋まで長い間楽しめます。

【花の特徴と性質】

ルコウソウの花

草丈

よく伸びると2m近くになります。

赤、白、桃色の2〜3cmほどの小さな星形の花が、日中もしおれずに咲き続けます。

耐寒性・耐暑性

熱帯アメリカ原産だけに、耐暑性が強い植物です。

学名の説明

Ipomoea・・・・・ギリシャ語の ipo(イモ虫)+ homoios(似た)が語源です。

quamoclit・・・・・インゲンマメのギリシャ語が語源です。
※ 子葉の形のことを言っています。

【主な種類と品種】

ピンクや赤色の花をミックスしたタネが売られています。この仲間に、ルコウソウとマルバルコウを交配してつくり出されたハゴロモルコウソウ(モミジバアサガオ)があります。花は鮮緋紅色です。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

アサガオと同じように種が堅いため一晩水につけて播きます。低温では発芽しないため、十分に暖かくなった4月下旬〜5月に3号(径9p)のポリポットに直接播きます。覆土は5mm〜1cm程度と厚めにします。

発芽後、苗がある程度育ってきたら丈夫な苗を1本残して他は間引きします。

ルコウソウの花

植え付け

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植え付ける際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜6Lほど入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

30pほどにします。65cmのプランターなら2〜3株が目安です。

植え場所・置き場所

水はけのよい日当たりのよいところに植え付けます。性質は強く、土質を選ばず普通の庭土でもよく育ちます。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

ツルの伸びが速いので、定植後、早めにネットを張ったり支柱を立てて置きます。

成育するにつれ、ツルがよく伸びていきますので誘引作業は欠かせません。

タネができるので、そのままにしておくと株が弱りますので、できれば早めに取っておきます。

肥料

庭植えの場合は、やせ地でない限り肥料はほとんど与える必要はありません。窒素肥料をやりすぎると花つきが悪くなります。

鉢やプランターの場合は、液肥を1週間〜10日に1回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。