フランスギク Leucanthemum vulgare

フランスギクの花
写真 フランスギク
撮影時期 2006.5.5
栽培状況 秋まき後、庭植え(翌々年の春)
科名・属名

キク科
フランスギク属

園芸分類

宿根草

別名

オックスアイデージー(英名)

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え

花期

5〜6月

【フランスギクについて】

フランスギクは、ヨーロッパ原産のキク科フランスギク属の宿根草で、シャスターデージーの交配元になった花です。丈夫でつくりやすい宿根草で、タネから育てることができます。

もっとも、繁殖力が強く、北海道など寒冷地ではオオキンケイギクのように増えすぎる心配があるようですので、そうした地域での栽培は慎重にされた方が賢明です。

因みに、暑さにやや弱いためか私の住んでいる香南市野市町周辺では道端などで見かけることはありませんので、暖地の場合は増えすぎるという心配はなさそうです。

栽培したところでは、秋まきにしたところ、翌年はあまり花が咲きませんでしたが、その次の年には期待どおりの花が咲きました。ただし、花が咲いた後は枯れてしまいましたので、暖地では株の寿命はそれほど長くないように思われます。

【花の特徴と性質】

草丈

花の咲く前は30pほどですが、花茎が伸びて花が咲くときは80pほどになります。

花径6pほどの一重の純白の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、耐暑性もそこそこあります。

学名の説明

Leucanthemum・・・・・ギリシャ語の leuc(白い)+ anthos(花)が語源です。

vulgare・・・・・「普通の」、「通常の」

【主な種類と品種】

クリサンセマム・パルドサムもこの属に分類されることがあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

暖地では9月下旬〜10月が適期です。寒地では春まきとなります。清潔な用土を入れた育苗箱かピートバンにタネが重ならないようにまき、覆土は2mm程度とします。

本葉が3〜4枚になったら、ポリポットに植え替えて育てます。

植え付け

ポットに根が回ったら庭やプランターなどに定植します。

庭に定植する場合は、植えつけ時にバーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

フランスギクの花

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

暖地では、できれば午後、夏の西日を遮れるようなところが最適です。

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てますが、夏場は半日陰に置いて暑さを和らげます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

株が大きくなりますので30p程度は必要です。

日常の管理

日当たりさえよければ、殆ど手のかかりませんが、花が終わったら切り戻しをしておきます。

冬の管理

耐寒性があり、霜除けをしなくても冬を越します。ただし、秋にタネを播いて定植したときは、暖地以外では霜除けをした方が安心です。

肥料

庭に植える場合は、植え付け時に化成肥料を1u当たり50gほど与えますが、後は特に必要ありません。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植えつけ後、1月ほどしたら春と秋に液肥を月1〜2回程度施します。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。