ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴの花
写真 ヒトツバタゴ
撮影時期 2008.5.4
栽培状況 庭植え

科名・属名

モクセイ科
ヒトツバタゴ属

園芸分類

落葉高木

別名

ナンジャモンジャの木

原産地

本州の木曽川流域
対馬

用途

庭植え

花期

4〜5月

【ヒトツバタゴについて】

ヒトツバタゴは、本州の木曽川流域や対馬に自生しているモクセイ科ヒトツバタゴ属の落葉高木です。別名をナンジャモンジャの木と言いますが、これは、植物学者の間で、分類学上どの仲間に入れるべきか判断に困って、なんじゃもんじゃと議論された木ということから名前が付いたと言われています。

ヒトツバタゴの名前は、ヒトツバタゴがトネリコに似ていることに由来します。トネリコが複葉なのに対し、ヒトツバタゴは単葉なので、トネリコの別名の「タゴ」から、「一つ葉のタゴ」と呼ばれるようになったと言われています。

丈夫な木で大変大きくなりますが、近縁種のアメリカヒトツバタゴは、一回り小型です。

栽培したところでは、どんどん大きくなって、剪定をしようにも手の届かない状態になっていますが、幸いなことに、7〜8mで落ち着いて毎年よく咲いています。

【ヒトツバタゴの概要】

樹高

大きなものは25〜30mにもなるといわれています。自宅の木は、植えてから20年以上たちましたが、あまり条件のよくないところに植えたこともあって、7〜8mほどになってからは、それ以上、大きくなりません。

それはともかく、大きくなるので、一般には学校などの公共用地に植えられています。

写真のように、白い糸状の花が咲一面にきます。満開のときには遠くから見ると雪が積もっているようにも見えます。

植え付けしてから、見応えのするような花が咲くまで、数年ほどかかったように思います。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐寒性、耐暑性とも強く丈夫な木です。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Chionanthus retusus

学名の説明

Chionanthus・・・・・ギリシャ語の chion(雪)+ anthos(花)が語源です。

retusus・・・・・「小さな凹型の」「微凹型の」

【主な種類と品種】

アメリカヒトツバタゴは、日本のものより樹形が小さいです。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 相当に広いスペースが必要になりますので、スペースが限られる場合は、アメリカヒトツバタゴが適しています。

植え付け

秋に植えつけた方がよいと思いますが、春でもかまいません。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

ヒトツバタゴの花

植え場所

日当たりのよいところに植えつけます。木が非常に大きくなりますので、広いスペースが必要になります。

ですので、木が大きくなった時のことを考えて、植えつけ場所を決めることが大切です。

剪定

自然に樹形を作っていすきますので、特に必要ありません。また、木が大きくなりますので、剪定作業自体が困難になってしまいます。

肥料

植えつけ時に有機質肥料を与える程度で、あとは肥料は必要ありません。肥料を一切やらなくても、毎年よく咲いています。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。