ヒャクニチソウ(百日草) Zinnia elegans

ヒャクニチソウの花
写真 'スフィルズ チェリー&アイボリー'
撮影時期 2008.6.21
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

キク科
ジニア属
(ヒャクニチソウ属)

園芸分類

春まき一年草

別名

ジニア・エレガンス

原産地

メキシコ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜11月

【ヒャクニチソウについて】

ヒャクニチソウは、メキシコ原産のキク科ジニア属の春まき一年草です。ジニア属の中で最も代表的な種がジニア・エレガンス(Zinia elegans)で、単にヒャクニチソウ(百日草)といえば本種を指します。そのほか、ジニア・リネアリスZinnia angustifolia)やメキシコジニア(Zinia haageana)があります。

また、最近は、ジニア・エレガンスとジニア・リネアリスを交配して作り出されたジニア・プロヒュージョンZinnia hybrida)もよく栽培されるようになりました。

名前のとおり長い間楽しめますし、草丈の低いものから高性種まで揃っていますので、花壇は勿論、鉢やプランターでも楽しめます。

栽培したところでは、百日草は育苗も簡単で花も大変美しく利用価値が高い草花ですが、ウドンコ病にかかりやすいのが欠点です。年によって被害の程度はありますが、ひどい状況になったこともありますので、早めの防除が必要になります。

【花の特徴と性質】

ヒャクニチソウの花

草丈

草丈は、1mの高性種から20p前後の矮性種までそろっており、用途に応じて選べます。

花は丸弁のダリア咲き(写真上) が一般的です。

小輪から大輪まで、そして色も、白、黄、橙、桃、赤と豊富な花色がそろっています。

耐寒性・耐暑性

強い日照と高温を好み、耐暑性が強いので初夏から晩秋まで咲き続けます。

学名の説明

Zinnia・・・・・18世紀のドイツの植物学者 Johann Gottfried Zinn への献名

elegans・・・・・「優美な」、「風雅な」

【主な種類と品種】

ダリア咲き混合

花径が約10cmほどの大輪のダリア咲きの品種で、花色がミックスされています。草丈は、80cmほどです。

ドリームランド

矮性のダリア咲きの品種です。

プルチノ

花径7〜8pの万重咲きの品種です。草丈は40〜50pほどです。

'スフィルズ チェリー&アイボリー'

矮性の品種で草丈は20〜30cmほどです。白と赤の二色咲きです。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

種子は大きく、苗を育てるのは容易です。発芽温度が比較的高いので、あまり早く播くよりも、4月になって播いた方が無難です。早く播く場合は、フレームなどに播いて育てます。覆土は、タネが隠れる程度にします。

発芽後、本葉2〜3枚のときにポリポットに植え替えて、薄い液肥を与えながら育てます。

植え付け

本葉が5〜6枚になりポットの底に根が回ったら、花壇やプランターなどに植え付けます。遅くまで咲きますので、多少、定植時期が遅くなっても花を楽しむことができますが、株張りのよい株に育てようとするなら、あまり遅くならないよう早めに定植します。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、耕しておきます。

ヒャクニチソウの花

植えつけの際、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜30pの間隔をとって植え込みます。標準のプランターの場合は、3株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりがよいことが大切で、土質はあまり選びませんが、大きな花を楽しむためには有機質に富んだところに植え込みます。

日常の管理

花後に節を3〜4つ残して摘芯をすると、枝数が増えて次の花がたくさん咲きます。高性種は風雨による倒伏を防ぐため、必要に応じて支柱を立てます。

鉢植えの場合、過湿にならないようならないようにします。逆に、あまり乾燥させすぎると株が衰弱しますので、葉が少し萎れてきたら、たっぷりと灌水をしてやります。

肥料

肥料を好みますので、庭植えの場合は、元肥として1uあたり50グラムの化成肥料を施し、成育中に月に1回程度追肥します。

ヒャクニチソウの花

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、成育期間中は、夏場を除き、液肥を2週間に1回程度施します。

用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に液肥を与えます。

病気・害虫

ヒャクニチソウは、ウドンコ病が発生しやすいので早めに薬剤を散布します。

また、雨が続くとボトリチス病で花が腐ってくることがあります。古くなった花は、早めに切り取ります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。