バーベナ・リギダ Verbena rigida

バーベナ・リギダの花
写真 バーベナ・リギダ 'ベノサ'
撮影時期 2008.5.11
栽培状況 庭植え
科名・属名

クマツヅラ科
バーベナ属

園芸分類

宿根草

別名

宿根バーベナ

原産地

中南米

用途

庭植え

花期

5〜6月

【バーベナ・リギダについて】

バーベナ・リギダは、原種系の宿根性のバーベナです。宿根性バーベナという呼び方は、どの種類を指すのか明確ではないようですが、バーベナ・テネラのほかに原種系の種類の中に宿根バーベナとして流通しているものがあります。

原種系の宿根バーベナの中では、三尺バーベナがよく栽培されていますが、このバーベナ・リギダも丈夫で、耐暑性も強いのでよく栽培されています。苗だけでなく、タネも販売されていますので、タネから育てることもできます。

栽培したところでは、一年草タイプのバーベナほどの派手さはありませんが、花期が長く、ウドンコ病に強いので育てやすいものです。

【花の特徴と性質】

バーベナ・リギダの花

草丈

40cmほどです。

紫や淡いピンクの花が集まって咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Verbena・・・・・植物の古いラテン名に由来するとされています。

rigida・・・・・「硬直な」、「強直な」

【主な種類と品種】

ベノサ

バーベナ・リギダの中ではよく栽培されている品種です。草丈40pほどで、紫色の花が咲きます。

ポラリス

草丈が40cmほどで淡いピンクの花が咲きます。(写真:中)

タッチオブスタイル

草丈が40cmほどで、紫の花が咲きます。タネが販売されていました。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合、3月下旬〜4月に播きます。暖地では秋播きもできます。箱播きにし、ごく薄く覆土をします。

発芽まで数週間かかることもありますので、乾かさないように注意し、発芽後、本葉が3〜4枚になったらポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え付け

タネを播いて苗を育てた場合は、本葉が5〜6枚になり、ポットに根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lと化成肥料を50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

バーベナ・リギダの花

春に、園芸店やホームセンターなどにポット苗が出ていますので、これを買って植え付ければ簡単です。種苗会社のカタログにも出ていることがあります。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

20〜25pほどとします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

植え替え

花壇に植えた場合は3〜4年ほどは植えっぱなしにできます、株が混みあってきたら、株分けを兼ねて植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回を目安に植え替えをします。

日常の管理

花が終わったら切り戻しをしておきます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、植えつけ時に肥料を与えますが、後は、それほど肥料を与えなくてもよく育ちます。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性肥料を与えます。鉢やプランターに植えた場合は、花期が長いので、月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

バーベナの大敵であるウドンコ病に強く丈夫です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。