スクテラリア Scutellaria spp.

スクテラリアの花
写真 ‘ブルーファイア’
撮影時期 2007.6.17
栽培状況 開花株購入
科名・属名

シソ科
タツナミソウ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

中米ほか

用途

鉢植え

花期

5〜9月

【スクテラリアについて】

スクテラリアは、シソ科タツナミソウ属の宿根草(亜低木)を指し、アジアや中米などに自生しています。もちろん、日本に自生しているタツナミソウもこの仲間です。

スクテラリアとして流通している種類を見ると、花の形は比較的似ていますが、草姿はかなり異なっています。ほとんどの種類が丈夫で病害虫にも強く、冬の寒さに気をつければ、育てやすいと言えます。ただし、コスタリカーナは、耐寒性、耐暑性が弱く、当然、育て方も異なりますので別項目にしています。

栽培したところでは、ジャワニカは庭植えで冬を越していますが、‘ブルーファイア’を軒下に置いたところ、強い寒波で地上部が枯れましたが、暖かくなると株元から芽を吹いてきました。

【花の特徴と性質】

スクテラリアの花

草丈

草丈は20〜50pほどです。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

コスタリカーナを除くと、比較的耐寒性、耐暑性があります

学名の説明

Scutellaria・・・・・scutella(盃)に由来します。

ventenatii・・・・・(不詳)

javanica・・・・・「ジャワ」の

【主な種類と品種】

‘ブルーファイア’
S. cv.Blue Fire

涼しげな紫の花が穂状に咲きます。耐寒性もあまり強くありません。

ジャワニカ
S. javanica

濃青紫色で、魅力的な花色です。庭に植えた場合は50pほどの高さになり、横に伸びます。スクテラリアの中では耐暑性が強く育てやすい花です。耐寒性もあり、暖地では庭植えができます。(写真:下)

'ピンククリーパー'
S. ventenatii cv.Pink Creeper

ピンクというよりは桃紅色の花が咲く品種で、やや横に広がります。耐暑性はありますが、耐寒性はあまり強くありません。(写真:中)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春に花の咲いた株やポット苗が園芸店やホームセンターなどに出ていますので、これを買って育てます。耐寒性がそれほど強いとは言えませんので、通常は、鉢植えで育てますが、暖地であれば、ジャワニカは庭植えができます。

ポット苗など小さな鉢に植えられている株を購入したときは、一回りか二回り大きい鉢やプランターなどに植え付けます。庭に植えるときも、一年は鉢で育てた方が安全です。

庭に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。日当たりが悪いと花付きがよくありません

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

スクテラリアの花

植え替え

根がよく張りますので、鉢やプランターに植えている場合は、毎年植え替えたます。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

鉢植えの場合、夏の水切れに注意します。

冬の管理

ジャワニカ以外は耐寒性が弱いので、室内かフレームなどに移し、水やりは控えめにします。

ふやし方

挿し芽ができます。6月にバーミキュライトと鹿沼土を混ぜた用土にに挿し芽をしたところ、7月には、一杯に根を張っていました。

肥料

4〜10月にかけて、定期的に置き肥をするか2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。