クルシアネラ Phuopsis stukosa

クルシアネラの花
写真 クルシアネラ
撮影時期 2004.5.2
撮影場所 秋まき後、庭植え
科名・属名

アカネ科
フォプシス属

園芸分類

秋まき一年草
宿根草

別名

フォプシス
ハナクルマバソウ

原産地

コーカサス〜イラン西北部

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【クルシアネラについて】

クルシアネラは、アカネ科の宿根草です。這性で、ピンクの花が美しいので、グランドカバーとしても大変優れていると思いますが、耐暑性が弱いようですので、暖地の場合は秋まき一年草と考えるべきかと思います。

余談になりますが、タキイ種苗からはプオプシス(今は、フォプシスという呼び方が一般的です。)という学名で売られていたので、クルシアネラとは別物かと勘違いして、苗を購入してしまいました。タネから育てていたので同じものとわかりました。

栽培したところでは、9月下旬にまいたところ発芽も良好で、順調に育って写真のように咲いてきました。ところが、さあ、これからというところでしたが気温が上がるにつれて、だんだん元気がなくなってしまいました。暑さが原因ではないかと思われます。

【花の特徴と性質】

草丈

ほふく性で、横に伸びますので、せいぜい15pほどでしょうか。

とても小さな花が集まって、球状に咲きます。何となくペンタスを小さくしたような花形です。花色はピンクです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、高温多湿が苦手です。

学名の説明

Phuopsis・・・・・ギリシャ語の phu(※未確認)+ opsis(似た)が語源です。

stukosa・・・・・「花柱のある」

【主な種類と品種】

以前に大和農園からタネが出ていました。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

発芽適温は20〜25度ですので、9月中旬〜10月上旬がタネまきの適期です。やや高温性なので、遅れると発芽しにくくなるようです。また、まく時期が遅くなって育苗が遅れると、翌年の春の開花は難しくなってしまいます。

箱まきにして、覆土は2mmほどにします。発芽後、本葉が2〜3枚になったらポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

ポットの底に根が回って来たら花壇やプランターなどに定植します。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものにパーライトを2割ほど加えた用土などを使います。

株間

20〜25pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと排水の良いところに植えつけます。午後日陰になるところに植えていましたが、特に問題はありませんでした。

日常の管理

プランターなどに植えるときは、過湿にならないよう注意します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えますが、後は、肥料は控えめでかまいません。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。