ガイラルディア Gaillardia × grandiflora

の花
写真 ガイラルディア
撮影時期 2013.5.18
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬はポリフィルムでトンネル)
科名・属名

キク科
テンニンギク属

園芸分類

宿根草

別名

オオテンニンギク

原産地

北米

用途

庭植え

花期

6〜10月

【ガイラルディアについて】

通常、ガイラルディアというのは、北アメリカ原産のキク科テンニンギク属のテンニンギクオオテンニンギク、そしてこれらの交雑種をひとまとめにして、こう呼んでいます。

ここでは、テンニンギクとオオテンニンギクの交雑種(Gaillardia × grandiflora) を取り上げています。オオテンニンギクより草丈が低く、花色も豊富です。

栽培したところでは、発芽もよく、生育は良好でした。ただし、株間を狭くして植えたため、梅雨の後半から夏に蒸れて枯れてしまう株が少なからず出てしまいました。

【花の特徴と性質】

ガイラルディアの花

草丈

30〜40pほどです。

花径8pほどで、赤に黄覆輪の品種をよく見かけますが、黄色もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性ともそこそこ強いですが、株が大きくなると梅雨時から夏の高温多湿がやや苦手です。

学名の説明

Gaillardia・・・・・18世紀のフランスの植物学者 Gaillard de Charentonneau に因みます。

grandiflora・・・・・「大きい花の」

【主な種類と品種】

アリゾナサン

草丈30〜40cmほどです。赤に黄色の覆輪が美しい品種で、花数も多く見栄えがします。(写真:上から2枚目)

レッドシェード

草丈30〜40cmほどで、真紅の落ち着いた花色です。(写真:下から2枚目)

メサピーチ

草丈30〜40cmほどで、黄色の花で中心部が濃くなっています。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てる場合は、春まきが一般的ですが暖地の場合は秋まきもできます。育苗箱かピートバンにまき、覆土は5mmほどにします。直まきもできます。

育苗箱などにまいた場合は、発芽後、本葉が2〜3枚のころにポットや小鉢に植え替えます。

直まきの場合は、25〜30cmの間隔で2〜3粒ずつまいて、発芽後、本葉が4〜5枚になるまでに間引きしてしっかりした苗を1本残します。

ガイラルディアの花

植え付け

花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて耕しておきます。

ポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターに定植します。

秋まきの場合、春の開花時期までに充実した苗に育っていないと花が咲かない場合がありますので、生育が遅い場合は、フレームなどで苗を育て、暖かくなってから植え付けます。

花壇に植える場合は、腐葉土若しくはバーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

苗を購入して植える場合は、春に出ていることが多いようです。

株間

株が大きくなりますので25〜30pほどにします。60cmのプランターの場合は、3株ほど植え付けます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

過湿になると根腐れを起こしますので、花がひととおり終わったら株の切り戻しをして、風通しをよくしてやります。

ガイラルディアの花

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、暖地では、霜除け等の必要はありません。

ただし、植え付けが遅くなったときは、冬に不織布でトンネルをして霜除けしてやると、よく育って花が楽しめます。

鉢やプランターに植えている場合は、念のため霜の当たらない軒下に置き、水やりは少なくします。

肥料

花壇に植える場合は、植え込み時に化成肥料を1u当たり50gほど入れて庭土とよく混ぜておきます。追肥はほとんど必要ありません。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植えつけ後、1月ほどしたら冬場を除き液肥を2週間に1回程度施します。

用土をつくったときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

特にないようですが、夏の高温多湿で株が蒸れると枯れてしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。