エノテラ Oenothera

エノテラの花
写真 エノテラ 'レモンドロップ'
撮影時期 2018.5.14
栽培状況 プランターで栽培
科名・属名

アカバナ科
マツヨイグサ属

園芸分類

宿根草

別名

オエノセラ

原産地

北アメリカなど

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜6月

【エノテラについて】

エノテラとは、アカバナ科マツヨイグサ属のことですが、種苗会社のカタログなどを見ると、この属の昼咲きの種類をエノテラ(オエノセラ)としている場合が多いようです。そこで、ここでは、これらの昼咲きの品種のうち、エノテラ・フルティコサの園芸品種及び交配種を取り上げています。

なお、昼咲きであっても、ピンクの花が咲くヒルザキツキミソウO. speciosa)は、通常、エノテラとは呼びませんので別に取り上げています。また、タネから育てるバーシカラーO. versicolor)も別に取り上げています。

栽培したところでは、丈夫ですが、宿根草としては、比較的短命のようです。庭植えにしていたところ、株が大きくなって、蒸れたためか枯れてしまいました。ただし、フルティコサの園芸種と思われる株は、何年も宿根しています。

【花の特徴と性質】

エノテラの花

草丈

「主な種類と品種」を参照してください。

「主な種類と品種」を参照してください。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性がありますが、どちらかというとやや耐暑性が弱いと言えます。

学名の説明

Oenothera・・・・・ギリシャ語の oinos(酒)+ ether(野獣)が語源です。
※ 根にブドウ酒のような香気があり、野獣が好むことに由来します。

fruticosa・・・・・「低木状の」

【主な種類と品種】

レモンドロップ
‘Lemon Drop’

‘アフリカンサン’と 'Narrow Grey Leaved' の交配種とされています。草丈は30pほどで、少しうつむきかげんに蕾をつけますが、開花すると上を向き、爽やかな黄色の花が咲きます。日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも楽しめます。

イエラフェラ(?)

草丈40pほどの宿根草です。花径4cmほどのすっきりした黄色の花が咲きます。フルティコサの園芸種と思われますが、素性がはっきりしません。花茎はあまり伸びずに花が咲きます。(写真中、下)

アフリカンサン
O. fruticosa 'African Sun'

フルティコサの園芸種です。花径3cmほどの黄花で、花茎が這うように広がります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

丈夫な宿根草で株がそれほど大きくはなりませんので、花壇に植えても鉢やプランターでも育てられます。

春先にポット苗が園芸店やホームセンターなどで販売されていることが多いですので、購入したら、できるだけ早めに花壇やプランターなどに植えつけます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土(バーク堆肥)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

エノテラの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

25〜30pほどとします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、根がよく張りますので、できれば毎年植え替えます。時期は、3月又は10月ごろが適期です。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをして植え替えます。

日常の管理

鉢土が乾燥しすぎないよう、鉢土の表面が乾いてきたらたっぷりと水やりをします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

肥料

あまり多肥にする必要はありません。花壇に植えた場合は、春先に化成肥料を株元に与えます。

鉢やプランターに植えた場合は、植えつけ、植え替え時に緩効性の化成肥料を与え、3月に植えたときは9月に、9月に植えたときは3月に追肥します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。