アメリカテマリシモツケ Physocarpus opulifolius

アメリカテマリシモツケの花
写真 アメリカテマリシモツケ 'ディアボロ'
撮影時期 2009.5.4
撮影場所 香南市にて
科名・属名

バラ科
アメリカシモツケ属

園芸分類

落葉低木

別名

アメリカシモツケ
アメリカコデマリ
紅葉コデマリ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え

花期

5月

【アメリカテマリシモツケについて】

アメリカテマリシモツケは、アメリカシモツケ属の落葉低木です。「シモツケ」という名前が付いていますが、シモツケよりも、むしろ、コデマリに近い感じがします。特徴としては葉が美しい点で、「紅葉コデマリ」ともよばれます。

栽培したところでは、あまり大きくなりませんので、剪定をしながら育てれば狭いところでも楽しめます。

【花の特徴と性質】

樹高

株立ち状の樹形で、2〜3mになります。

花は淡いピンクで、開花が進むと白に近くなります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

【主な種類と品種】

'ディアボロ'

赤黒い葉色が目を引く品種です。花は白花です。

'マゼルトブラウン'

'ディアボロ'よりも葉色が淡く、四季による葉色の変化が楽しめます。花は白花です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

木がそれほど大きくならないとはいえ、鉢での栽培は厳しいと思われます。植えつけは、11〜12月又は2〜3月頃が適期です。

苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度の堆肥を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

アメリカテマリシモツケの花

植え場所

日当たりのよい、肥沃なところを好みます。

剪定

花芽が夏までにできて、翌年の春に咲きますので、剪定は花後に行います。冬に強剪定をすると、せっかくできた花芽を切り取ることになります。

花後の剪定は、伸びすぎた枝を切り詰めたり、逆枝、立ち枝、下がり枝、平行枝、車枝などを切り取って樹形を整えます。

冬場の剪定は、伸びすぎて、特に目障りな枝を切り詰める程度に補助的に行います。

肥料

植えつけ後は、1〜2月と9月頃に油カスと化成肥料を等量に混ぜたものを1〜2握り施します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。