シモツケ Spiraea japonica

シモツケの花
写真 ベニバナシモツケ
撮影時期 2003.5.17
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
シモツケ属

園芸分類

落葉低木

別名

キシモツケ

原産地

日本、朝鮮半島、中国

用途

庭植え

花期

5〜6月

【シモツケについて】

シモツケは、日本の山野に自生するバラ科の落葉低木で、下野(しもつけ)、今の栃木県から出たのでこの名前が付いています。あまり大株にならず、毎年、美しい花が咲きます

古くから知られていて、枕草子にもシモツケのことが出てきますし、江戸時代の古い園芸書にも取り上げられています。

蛇足にはなりますが、シモツケソウ(Filipendula multijuga )はバラ科シモツケソウ属の宿根草で、まったく別の植物です。

栽培したところでは、たまにウドンコ病が発生することがありますが、暑さ、寒さに強く、丈夫で育てやすいです。

【花の特徴と性質】

シモツケの花

樹高

あまり高くならず1m程度です。

根元から新しい枝が伸びるので叢状になります。

枝の先に、淡紅色の小さな花をたくさん付けます。

他に白花や紅と白花が咲き分けするものもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり全国で栽培できます。

学名の説明

Spiraea・・・・・ギリシャ語の speira (らせん、輪)が語源です。
※ これは、果実の形に由来すると言われています。

japonica・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

花色は普通は淡紅ですが、濃紅、白などもあり、花色によって、ベニバナシモツケ、シロバナシモツケと呼ばれています。

また、白と紅の花が咲くゲンペイシモツケという品種もよく植えられています。(写真下)

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けは、落葉期の11〜12月か2〜3月に行います。土質は選びませんが腐食質に富む肥沃な土壌を好みますので、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を入れて、庭土によく混ぜて植えつけます。

植え場所

日当たりのよいところを好みますが、半日陰でも大丈夫です。

シモツケの花

剪定

花が終わった後、伸びすぎた枝などを切り取ります。コンパクトに仕立て直すときも、花後に全体を切り詰めます。同時に古くなった枝を切り取ります。

また、4〜5年に1回、花後に地際近くから全体を強剪定して枝の更新を図ります。

花芽は、夏ごろまでに今年伸びた葉腋にできて、翌年開花します。したがって、秋以降に剪定をすると、花芽を切り落とすことになります。

肥料

冬の間に、寒肥を施しますが、あまり多く与える必要はありません。

病気・害虫

ウドンコ病が発生しやすいので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。