ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラの花
写真 ラショウモンカズラ
撮影時期 2021.5.23
栽培状況 鉢植え(開花は翌年です)

科名・属名

シソ科
ラショウモンカズラ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

日本、朝鮮半島など

用途

鉢植え、庭植え

花期

4〜5月

【ラショウモンカズラについて】

ラショウモンカズラは、本州、四国、九州のほか朝鮮半島や中国に自生するシソ科ラショウモンカズラ属の宿根草です。カズラという名前が付いていますが、つるのように茎が伸びるわけではなく、走出枝(ランナー)がつるのように長く伸びていきます。

4月から5月にかけて花が咲きますが、シソ科の植物としては大きな花で、開花していると目立ちます。花が美しいので山野草として栽培されます。

【栽培メモ】

ラショウモンカズラとその桃花をとりあえず鉢植えにして育てていますが、開花は1年先になると思われますので、追って記載していきます。

【ラショウモンカズラの概要】

草丈

ランナーが30pほど伸びていきます。

基本種は青紫色で、4〜5pの長さになります。ほかにピンクの花が咲く種類があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐暑性はありますが、夏の高温と強光を嫌います。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Meehania urticifolia

学名の説明

Meehania・・・・・19世紀のアメリカ合衆国の植物学者の Thomas Meehan への献名

urticifolia・・・・・「イラクサのような葉の」

【主な種類と品種】

基本種は青紫の花ですが、ピンクや白花もあります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 夏場は、明るい日陰に置いて強光と高温を避けます。

植え付け

3月頃が植え付けの適期です。ランナーがよく伸びますので、鉢植えの場合は、あんどん支柱を立てておきます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土が適しています。山野草用の培養土、若しくは赤玉土、鹿沼土、腐葉土(又はバーク堆肥)を2:2:1程度に混ぜた培養土などを使います。

ラショウモンカズラの花

植え場所・置き場所

鉢植えは、春と秋は半日陰に、夏は半明るい日陰の涼しいところに置きます。

庭に植える場合は、落葉樹の下などでやや湿り気のあるところが適しています。

植え替え

2年に1回を目安に、3月頃に植え替えます。

夏の管理

夏の高温と強光を嫌いますので、鉢植えは、明るい日陰の涼しいところに移します。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。冬の間も時々水やりをして乾燥させすぎないようにします。

ふやし方

株分けで増やすことができます。また、挿し芽やランナーを切り取って植え付けることができます。

肥料

花後と秋に緩効性の固形肥料を与えますが、量は控えめでかまいません。。

病気・害虫

過湿による根腐れに注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。