ラムズイヤー Stachys byzantina

ラムズイヤーの花
写真 ラムズイヤー
撮影時期 2001.5.12
撮影場所 北川村「モネの庭」にて
科名・属名

シソ科
スタキス属
(イヌゴマ属)

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

ワタチョロギ

原産地

トルコ、アルメニア、イラン

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ラムズイヤーについて】

ラムズイヤーは、種小名のとおりトルコやアルメニア、イランに自生するシソ科の宿根草です。ラムズイヤーというのは英名で、葉の形がヒツジの耳の形に似ているから付けられたと言われています。

花よりも葉に魅力があります。ワタのような毛に覆われていますので、葉に触ると柔らかくて、さわった感触がたまりません。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈40pほどになります。ほふく性でよくに広がっていきます。

初夏から秋にかけ、花茎が伸びて紫色の小さな花を穂状に咲かせます。花自体は小輪で、それほど目立つというものではありません。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性となっていますが、耐寒性は比較的強く、逆に、夏の高温多湿に弱い性質を持っています。

学名の説明

Stachys・・・・・ギリシャ語の stachyus(穂状花)が語源です。

byzantina・・・・・「ビザンティンの」

【主な種類と品種】

品種は特にないようです。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温が18〜20度ですので、9月下旬ごろに播きます。向光性種子のため、覆土はごく薄めにします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて苗を育てます。

植え付け

庭植えでも鉢植えでも育てることができますが、梅雨時から夏の高温多湿に弱いので暖地の場合は、鉢やプランターで育てるのに向いています。

タネを播いて苗を育てた場合は、ポットの底に根が回って来たら花壇やプランターなどに植え付けます。

苗を購入して育てる場合は、3〜4月、もしくは10月ごろが植えつけの適期です。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土に軽石砂を1割ほど加えるか、もしくは赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)、軽石砂を6:3:1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、水はけと風通しのよいところに植え付けます。西日が当たるところは避け、半日陰になるような場所が適しています。

高温多湿に弱いので、鉢やプランターは、梅雨時には雨のかからないところに置きます。雨が当たりすぎると葉が腐ってしまうことがあります。

植え替え

鉢植えやプランターに植えている場合は、毎年植え替えます。

庭植えの場合は、3〜4年に1回株分けをかねて植え替えます。いづれの場合も、時期は4月もしくは10月が適期です。

日常の管理

やや乾燥気味を好むので、鉢やプランターで育てる場合は、過湿にならないよう注意します。

花が終わったら、風通しをよくするため、花茎を株元から切り取っておきます。

夏の管理

高温多湿に弱いので、株が蒸れないように鉢植えは、夏はできるだけ涼しい場所に置いて育てます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越します。鉢植えの場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

春や秋に挿し芽や株分けで増やすことができます。

肥料

肥料はあまり必要としません。逆に肥料を与えすぎると草姿が乱れてしまいます。

鉢植えの場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を与え、後は4〜5月に液体肥料を与えます。

病気・害虫

高温時に、株が蒸れて枯れてしまうことがよくあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。