ヤマブキソウ(山吹草)

ヤマブキソウの花
写真 ヤマブキソウ
撮影時期 2018.4.12
栽培状況 鉢植え

科名・属名

ケシ科
ヤマブキソウ属

園芸分類

宿根草

別名

クサヤマブキ

原産地

本州、四国、九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ヤマブキソウについて】

ヤマブキソウは、本州、四国、九州の林の中に自生するケシ科ヤマブキソウ属の宿根草です。ヤマブキに似た花が咲くところからその名前がついていますがヤマブキとは別属です。茎が上にはさほど伸びませんので、庭の下草や鉢植えで楽しむことができます。

地上部が割合早くからなくなりますが、丈夫な宿根草で春になると芽を吹いてきます。花は、一斉に咲きそろうという咲き方はしませんが、少しずつ咲いてくれます。

【栽培メモ】

小型のプランターに植えて、午後は日陰になるところで育てています。耐暑性が比較的ありますので、夏を越してよく育っています。

【ヤマブキソウの概要】

草丈

20〜30cmほどになります。

花径4cmほどで、その名のとおりヤマブキ色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 比較的強い

耐寒性が強く、耐暑性もあります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Hylomecon japonica

学名の説明

Hylomecon・・・・・ギリシャ語の hyle (森林)+ mekon (ポピー) が語源です。

japonica・・・・・「日本の」

【主な種類と品種】

ホソバヤマブキソウ(f.lanceolatum)やセリバヤマブキソウ(f. dissectum)などの変異品種があります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 庭植えの場合は、落葉樹の下など、夏場は直射光が当たらず、多少湿ったような場所が適しています。

植え付け

2月下旬〜3月上旬が適期です。園芸店やホームセンターではあまり見かけませんが、種苗会社の山野草のコーナーにはよく載っています。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥を7対3程度に混ぜた用土を使っていますが、問題なく育っています。

ヤマブキソウの花

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、落葉樹の下など、夏場は直射光が当たらず、多少湿ったような場所が適しています。

鉢植えは、花が咲く頃までは日当たりのよいところでも、午前中日の当たるようなところでも問題はありません。花が終わったら半日陰に移します。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。

日常の管理

鉢植えは、乾燥させすぎないように注意します。

夏の管理

比較的耐暑性はありますが、強い直射光を受けると葉焼けしますので、鉢植えは、夏場は明るい日陰に置くようにします。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。鉢植えは、冬の間も、乾燥させすぎないようにします。

ふやし方

株が大きくなったら、植え替えのときに株分けをして増やすことができます。

肥料

春と秋に緩効性の化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

目立った被害を与えるようなものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。