ユキモチソウ(雪餅草) Arisaema sikokianum

ユキモチソウの花
写真 ユキモチソウ
撮影時期 2014.4.26
栽培状況 開花株購入
科名・属名

サトイモ科
テンナンショウ属

園芸分類

宿根草

別名

カンキソウ

原産地

四国、近畿地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5月

【花の印象など】

ユキモチソウは、花の先端部分(付属体と言います。)が真っ白い球状になるところから、その名前が付いたと言われています。触ってみると、弾力性があります。

学名の sikokianum は、「四国産の」という意味で、四国が中心で近畿地方にも自生しているようです。

【花の特徴と性質】

草丈

30cmほどになります。花弁状に伸びる仏炎苞は15cmほどで、縞模様が入ります。

本当の花は白い球の下にあって、外からは見えません。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はそれほど強くないので、冬の凍結に注意します。

【主な種類と品種】

テンナンショウ属の仲間には、ウラシマソウやヒロウラシマソウがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

休眠後の秋が植え付けの適期です。鉢植えは、軽石あるいは鹿沼土を多めに入れた水はけのよい用土に植えつけます。庭植えの場合も、水はけのよい場所に植えつけます。

置き場所

直射日光を嫌うので、半日陰が適しています。また、多湿を嫌うので梅雨時は雨のかからないところで育てます。

日常の管理

暑くなってくると葉が落葉して休眠に入りますが、休眠期もときどき軽く水やりをします。

非常に休眠期が長いことから鉢植えの場合は、管理を忘れないようにします。

あまり分球をしませんので、タネから繁殖されています。

肥料

花後と秋に置き肥をします。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。