ムスクマロウ

ムスクマロウの花
写真 ‘アルバ’
撮影時期 2015.6.21
栽培状況 苗購入後、庭植え

科名・属名

アオイ科
ゼニアオイ属

園芸分類

宿根草
春まき二年草

別名

ジャコウアオイ

原産地

ヨーロッパ南部

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜7月

【ムスクマロウについて】

ムスクマロウは、ヨーロッパ南部などが原産のアオイ科ゼニアオイ属の宿根草(春まき二年草)です。草丈も花も全体に小ぶりで、葉が細かく切れ込んでいることも特徴の一つです。ジャコウアオイという和名は、葉にほのかに麝香の香りがすることが名前の由来です。

日本では、本州以北の冷涼な地域に生えている宿根草で、夏の暑さに弱く関東以西の温暖地では宿根できません。

【栽培メモ】

秋まきにしたところ、何とか花を見ることができましたが、苗が十分育たず、満足するというところまでいきませんでした。次は、春まきで挑戦してみるつもりです。耐暑性が弱いことから、夏越しがポイントになりそうです。

なお、おぎはら植物園から苗を購入して秋に植えて育てましたが、こちらの方は、どんどん株が大きくなって、写真のように期待どおりの花が咲いてくれました。

【ムスクマロウの概要】

ムスクマロウの花

草丈

ゼニアオイ属の中では草丈が低く、50pほどになります。

花は小ぶりで、花径は5pほどです。花色は、白花と淡いピンクがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 弱い

耐寒性はありますが耐暑性は弱く、どちらかというと寒冷地向きの宿根草と言えます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ タネから育てる場合:(温暖地では)かなり難しい

※ 苗から育てる場合:比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Malva moschata

学名の説明

Malva・・・・・ギリシャ語の malache(軟らかくする)が語源です。

moschata・・・・・「じゃこうの香りのする」

【主な種類と品種】

白花のほか、淡いピンクの花が咲く‘アップルブロッサム’という品種があります。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 温暖地でタネから育てる場合は、春播きの二年草扱いになります。

タネまき

タネから育てる場合、温暖地の場合は春に播きます。3号ポットに直接まき、覆土は3mmほどにします。発芽後、生育状況を見て、よい苗を1本残します。

3号ポットに根が回ってきても、すぐに花壇に植えるのは避けるようにします。耐暑性が弱いので、花壇に植えると、花が十分に咲かないうちに夏を迎え、夏に枯れてしまう危険が高くなります。

それよりも、4号ポットに植え替えた方が安全です。夏が近づいたら、ポット株を涼しい半日陰に置いて夏を越させ、秋になって定植する方がよいと思われます。

なお、秋まきでは、翌春に開花する株に育てることが難しいと言えます。

植え付け

植えつけ前に、苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いてよく耕しておきます。

植えつけ時に、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

ムスクマロウの花

株間

株が大きくなりますので、40〜50pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところが適しています。ただし、関東以西の温暖地の場合は、午後、日陰になるようなところでないと、開花時期が高温になった場合は、これからというときに枯れてしまうことがあります。

日常の管理

風通しをよくするため、株が込み合ってきたら花後に切り戻しをします。

それでも、関東以西の温暖地では、開花株の夏越しは厳しいと言えます。

肥料

植え付け時に化成肥料を1u当たり50g施します。

病気・害虫

暑くなってくるとハマキムシが発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。