ポンテデリア Pontederia cordata

ポンテデリアの花
写真 ポンテデリア
撮影時期 2014.7.9
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ミズアオイ科
ポンテデリア属

園芸分類

宿根草(水生植物)

別名

ナガバミズアオイ

原産地

北アメリカのフロリダ州〜テキサス州

用途

鉢植え、水辺

花期

7〜10月

【ポンテデリアについて】

ポンテデリアは、ホテイアオイと同じミズアオイ科の水生植物ですが、ホテイアオイが浮遊性の植物なのに、ポンテデリアは抽水性の植物です。6〜10月頃が開花期ですが、よく咲くのは夏です。穂状の花がたくさん咲くと涼しげな感じを与えます。

水性植物ですが、穴のない容器やプランターの穴を塞いで植え付ければ育てることができます。上の写真は、古いお鍋に植えて育てていますが、問題なく育っています。

栽培したところでは、特段、難しい点はありませんでした。株分けで増やすことができますが、ホテイアオイのように増えすぎて困るということはありません。

【花の特徴と性質】

草丈

80センチ〜1mほどです。

ブルーの花が穂状になって咲きます。花穂は15センチほどになります。

耐寒性・耐暑性

北アメリカ南部が原産地ですが、冬は深めの水の中に沈めておくとまず大丈夫です。

学名の説明

Pontederia・・・・・イタリアの植物学者 Giulio Pontedera への献名

cordata・・・・・ 「心臓型の」 ※ 葉の形からきています。cordis(心臓)が語源です。

【主な種類と品種】

ポンテデリアには、コーダタの他に、それより花色の淡いランセオラタがあります。また、コーダタには白花種や桃花種もあるようですが、まだお目にかかったことはありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店ではあまり見かけませんが、種苗会社のカタログを見ると春号に載っているように、一般的には春が植え付けの適期です。水辺の植物ですが、家庭ではなかなかそういう環境は望めませんので穴のない容器か、大きめの鉢あるいはプランターの穴を塞いで植え付けます。

ポンテデリアの花

鉢植えの用土

市販の水生植物用土やよく練った赤玉土などを使います。

置き場所

日当たりのよいところに置いて栽培します。

植え替え

2年に1回を目安に植え替えをします。時期は、4月ごろが適期です。

日常の管理

水生植物ですので、水を切らさないようにして栽培します。普通の鉢に植えた場合は、腰水栽培が失敗が少ないです。

冬の管理

冬になると地上部が枯れてしまいますが、水を切らさないようにします。耐寒性は強く、霜除け等は必要ありません。

ふやし方

植え替えの時に株分けで増やすことができます。

肥料

有機肥料は避け、緩効性の化成肥料を少しずつ与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。