原種系フリージア

原種系フリージアの花
写真 ムイニー
撮影時期 2018.3.31
栽培状況 小型のプランターで栽培

科名

アヤメ科

属名

フリージア属

学名

Freesia spp.

園芸分類

秋植え球根

別名

アサギズイセン

原産地

南アフリカケープ地方

主な用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【原種系フリージアについて】

原種系フリージアは、南アフリカケープ地方原産のアヤメ科の秋植え球根で、草丈が10〜15pほどで園芸交配種と比較すると小型です。

園芸種は花色がとても豊富で華やいだ色彩の花ですが、原種系は、やや控えめな印象です。それはそれで魅力があり、また、よい香りを持っています。

【栽培メモ】

ムイニーを小型のプランターに植えて育てていますが、毎年よく咲いてくれる上に、球根がたくさん増えてくれます。

【育て方は下へ ↓ 】

【原種系フリージアの概要】

草丈

総じて園芸種交配種よりは小型で、10〜20pほどです。

園芸交配種と比較すると花はやや控えめな印象ですが、よい香りを持っています。

花色は、白、淡い黄色、ピンクなどです。

フリージアの花

耐寒性・耐暑性

耐寒性 やや弱い
耐暑性 (夏は休眠)

耐寒性はそれほど強くありませんが、関東以西の温暖地では、霜の当たらない軒下であればそれほど傷むことなく冬を越せます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Freesia spp.

学名の説明

Freesia・・・・・ドイツの植物学者 Friedrich Heinrich Theodor Freese への献名

leichtlinii・・・・・19世紀ドイツの植物学者の Max Leichtlin への献名

muirii・・・・・スコットランドで生まれ、アメリカ合衆国でナチュラリスト、植物学者等として活動した John Muir への献名

verrucosa・・・・・「いぼの多い」

【主な種類と品種】

ライヒトリニー
F. leichtlinii

草丈15〜20pほどで、淡い黄色の花が咲きます。

ムイリー
F. muirii

小型で草丈は10pほどです。花は白色で花弁に少し淡い黄色が入ります。

ベルコーサ
F. verrucosa

こちらも小型で草丈は10pほどです。花は花径2pほどですがピンクの花が咲きます。(写真:下)

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 栽培は、基本的に園芸種と変わりません。

植え付け

10月中旬〜11月中旬ごろに植えつけます。関東以西の温暖地では、花壇でも鉢やプランターでも栽培できますが、小型の球根ですので鉢やプランターで育てるのに向いています。その他の地域は、鉢やプランターで育てます。

花壇に植えるときは、あらかじめ苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて庭土耕しておきます。植え付ける際は、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の腐葉土(又はバーク堆肥)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土が適していますので、赤玉土、腐葉土(又はバーク堆肥)、パーライトを6:3:1程度に混ぜた用土などを使います。

ベルシコーラの花

植え付けの深さ

庭植えでは5p、鉢植えでは3cmほどの深さに植えつけます。

株間

植え付け間隔は、5p程度とします。鉢植えの場合は、5号鉢で5〜6球程度が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよい場所が適しています。鉢植えも日当たりのよいところで育てます。

庭植えにする場合は、アヤメ科の植物を植えてあったところは避けるようにします。

日常の管理

鉢植えは、鉢土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。

咲き終わった花がらは、早めに取り除いて球根の肥大を助けるようにします。

冬の管理

早く植え込むと葉がすぐに伸びますので、温暖地以外では冬の寒さに傷んでしまう恐れがあります。

そこで、庭植えの場合は、寒さの厳しいときは、不織布などでトンネルをして霜よけをする必要があります。

鉢やプランターで育てる場合は、日当たりがよく霜の当たらない軒下などに置きます。

休眠期の管理

花壇に植えている場合は、葉が黄色くなったら掘り上げ、日陰でよく乾燥させて、風通しのよい場所で保管します。

鉢植えの場合は、葉が黄色くなってきたら掘り上げてもよいですし、水やりを中止して、秋まで雨の当たらない日陰に置くこともできます。

肥料

花壇で育てるときは、植え付け時には肥料を与えず、葉が出てから緩効性の化成肥料を株元に撒いておきます。

鉢やプランターで育てる場合も、葉が出てから緩効性の化成肥料を株元に撒いておき、後は、春になったら液肥を2週間に1回程度与えます。

ふやし方

ムイニーはよく分球して、たくさん増えます。

病気・害虫

ウイルス病が発生することがあります。この場合は、防除法がありませんので処分するほかありません。

また、高温多湿の環境に置くと灰色カビ病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップへ
一覧へ戻ります。一覧に戻ります。