ブロワリア Browallia spesiosa

ブロワリアの花
写真 ブロワリア
撮影時期 2002.6.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ナス科
ブロワリア属

園芸分類

春まき一年草、宿根草

別名

タイリンルリマガリバナ(大輪瑠璃歪花)

原産地

コロンビア

用途

鉢植え

花期

6〜10月

【ブロワリアについて】

ブロワリアは、コロンビア原産の亜低木ですが、耐寒性がないので鉢での栽培になります。それほど派手な花ではありませんが、ブルーの花が夏の暑さを和らげてくれます。また、花期が長いので、水やりを忘れなければ長く楽しむことができます。

本来は宿根草ですが、寒さに弱いので一年草として扱われています。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は、30pほどです。

花径は3〜4pほどで、花色は紫〜青が一般です。白花もありますが、園芸店などでは見たことがありません。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱く、耐暑性もそれほど強くありません。

学名の説明

Browallia・・・・・スウェーデンの植物学者 J.Browall に因みます。

spesiosa・・・・・「華やかな」、「派手な」

【主な種類と品種】

ブルートロール

草丈20〜25pで、花中心は白、まわりは明るい青色の綺麗な花です。

ビスコーサアメジスト

草丈20〜30pです。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てる場合は、発芽適温が20〜25度ですので4月になってまきます。タネが小さいのでピートバンにまきます。本葉が4〜5枚になったら、鉢に植え込みます。

ブロワリアの花

植え付け

6月に園芸店にポット苗が出てきますので、これを買って植え込むと手間がかかりません。

置き場所

春から秋は戸外で管理します。暑さには強いですが夏は直射日光を避け半日陰に置きます。

また、冬は室内の日当たりのよい場所に置けば冬を越しますが、敢えて、そこまでする必要もないとは思います。

日常の管理

育苗中に2〜3回摘心して株を大きくする豪華になります。また、伸びすぎたとは、切り戻しをするとコンパクトになります。

肥料

週に1回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。