ブバルディア

ブバルディアの花
写真 ブバルディア
撮影時期 2005.6.11
栽培状況 開花株購入

科名・属名

アカネ科
カンチョウジ属

園芸分類

常緑小低木

別名

ブバリア
カンチョウジ

原産地

メキシコ、中南米

用途

鉢植え

花期

5〜6月、10月

【ブバルディアについて】

ブバルディアは、メキシコ、中南米原産のアカネ科カンチョウジ属の花木で、現在出回っている園芸品種は、レイアンサ(B. leiantha)、ロンギフローラ(B. longiflora)などの種間交配種です。

園芸店やホームセンターなどで見かけるのは、鉢栽培に向いたコンパクトな品種が中心です。耐寒性が弱く、庭植えには向いていませんが、温室がなくても栽培できます。

短日性ですので、本来は10月頃から開花しますが、園芸店やホームセンターなどでは短日処理された鉢物が出回ります。古くから温室栽培されていたものですが、夏の強い日射しを避け、冬の寒さに気をつければ、栽培はそれほど難しくはありません。

【栽培メモ】

、以前に開花株を購入したときは、夏場、強い日差しが当たりっぱなしのところに置いて、枯れそうになったことがあります。

【ブバルディアの概要】

ブバルディアの花

樹高

園芸店やホームセンターなどでは30〜40pほどのものがよく売られています。

花は、写真のように4弁で、白、ピンク、赤があります。

管理がよければで、夏と冬季以外は周年花を見ることができます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 弱い
耐暑性 比較的強い

夏の強い日差しが苦手です。また、耐寒性はありませんので、冬は室内に取り込む必要があります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

※ 1年だけ育てる場合:比較的やさしい

※ 翌年も育てようとする場合:(冬の保温ができれば)比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Bouvardia × hybrida

学名の説明

Bouvardia・・・・・17世紀フランスのロワ植物園の管理者 Charles Bouvard への献名

leiantha・・・・・ギリシャ語の leio(滑らか)+ antha(花)が語源です。

longiflora・・・・・「長い花の」

【主な種類と品種】

ロイヤルシリーズ

中がピンク、縁が淡ピンクの美しい花が咲く‘ロイヤルダフネ’や真っ赤な品種の‘ロイヤルダフネレッド’などがあります。花径は1pほどです。

ダイヤモンドシリーズ

八重咲きの系統で、赤、ピンク、白などの品種があります。(写真:下)

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 花後に5〜6節を残して切り戻すと、秋に再び開花します。

※ 夏場は半日陰の涼しいところに置きます。

植え付け

耐寒性が弱いので、通常は鉢植えで育てます。園芸店やホームセンターなどで開花株をよく見かけますので、これを買って育てます。植えられている鉢が小さいときは、一回り大きい鉢に植え替えて育てます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土、鹿沼土、腐葉土(又はバーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

秋から春は日当たりのよいところに置いて育てます。

ブバルディアの花

植え替え

鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。時期は、4〜5月頃が適期です。

日常の管理

水やりは、鉢の表面が乾いてからたっぷり与えますが、夏場の水切れには注意します。

花後に5〜6節を残して切り戻すと、秋に再び開花します。

夏の管理

暑さに強く、夏の強光も平気かと思いがちですが、そうではなく、夏場は強光を避け半日陰の涼しいところに置きます。

冬の管理

通常の栽培では、寒くなってくると葉を落としますので、強めに剪定をして室内で育てます。水やりは控えめにします。

私も知らずに失敗しましたが、冬になって、室温が下がると落葉しますが、枯れてしまったと勘違いして株を捨ててはいけません。春になって、暖かくなってくると新芽が出てきます。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。6月ごろに、十分水揚げして鹿沼土などに挿し木すると発根します。

肥料

肥料は、成育期間中の4〜6月と9〜10月に緩効性の固形肥料を置肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。