ブッドレア Buddleja davidii

ブッドレアの花
写真 ブッドレア ‘ロイヤルレッド’
撮影時期 2014.6.15
栽培状況 庭植え
科名・属名

フジウツギ科
フジウツギ属
(ブッドレア属)

園芸分類

落葉低木

別名

フサフジウツギ

原産地

中国

用途

庭植え

花期

6〜7月

【ブッドレアについて】

ブッドレアの中で一般に栽培されているのは、中国原産のブッドレア・ダビディ(Buddleja davidii)です。大きな花房を伸ばして咲く姿は大変きれいです。

ひとつの花房にどれくらいの花があるのか見当もつきませんが、数え切れないくらいの花が集まって大きな花房をつくっています。

また、ブッドレアの花が咲くと必ずといっていいくらい蝶が飛んでくるので、庭に1本植えておけば花と蝶の両方が楽しめます。

栽培したところでは、剪定以外には、ほとんど手間はかかりません。枝の伸びがよく、放任すると3メートルを超え、樹形が乱れますが、思いきって剪定をすることによって、比較的コンパクトにつくることができます。

【花の特徴と性質】

ブッドレアの花

樹高

樹高は2〜3m程度になります。

この木の特徴は、非常に小さな花が大きな房状になって咲くところにあります。品種にもよりますが、花房の長い品種になると、充実した枝では40p近くになる場合があります。

この時期に咲く花には珍しく、非常によい香りをもっていますので、開花時に蝶がこの花に集まってきます。

色は、白、桃、青紫、紫などの色があります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は勿論、耐寒性も強く東北南部以南で栽培が可能といわれています。

学名の説明

Buddleja・・・・・イギリスの植物学者 A.Buddle への献名です。

davidii・・・・・フランス人宣教師ペール・アルマン・ダヴィド(P.A.David)への献名です。

【主な種類と品種】

フレミングバイオレット

すみれ色の花です。

ロイヤルレッド

赤紫色の花です。

サンゴールド

ブッドレアには珍しい黄色の花です。

アドニスブルー

小型の品種で、あまりスペースを必要としない品種です。ブルーの花色が美しい品種です。(写真:上から2枚目)

ブラックナイト

青紫の濃い花色が美しい品種です。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

ブッドレアの花

植え付け

植え付けは、暖地では春先でも秋でも可能ですが、寒地では春に行います。枝が旺盛に伸びますので、鉢植えで育てるには少し無理があります。

植えつける際は、腐葉土あるいはバーク堆肥などをすきこんで植えつけます。

植え場所

植え付ける場所は、日当たりと水はけのよい場所を選びます。

‘アドニスブルー’など、あまり大きくならない品種は別ですが、思いきって剪定しないと、かなりのスペースを必要とします。

剪定

枝が非常によく伸びますので、樹形を整えるため、毎年剪定をします。剪定をしないと、枝が混み合ってしまい、翌春に大きな花房を付ける枝が見られなくなります。

春に伸びた枝に花が咲きますので、一般には、秋から冬の間に剪定をします。また、必要に応じて、同じ時期に強剪定を行います。

なお、樹形も相当に広がりますので、花後に一度切り戻しをしておくと株全体がすっきりします。

ふやし方

挿し木が可能で、気に入った花があれば7月にバーミキュライトなどに挿せば比較的容易に発根します。

ブッドレアの花

肥料

樹勢が強く、肥料はほとんど必要としません。やせ地などで樹勢がよくないときは、追肥をします。

病気・害虫

それほど被害を与えるものはありませんが、アブラムシが付くことがありますので、オルトランなどの殺虫剤で駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。