ヒソップ Hyssopus officinalis

ヒソップ
写真 ヒソップ
撮影時期 2016.6.2
栽培状況 春まき後、プランターで栽培
科名・属名

シソ科
ヒソップ属

園芸分類

宿根草
(常緑低木)

別名

ヤナギハッカ

原産地

南ヨーロッパ、中央アジア

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ヒソップについて】

ヒソップは、南ヨーロッパから中央アジアに原生する常緑宿根草(常緑低木)です。香りが強いことから、ハーブとして扱われていますが、小さな花が穂状に咲いてきれいなことから、花を楽しむためにも利用されています。

また、葉が線状で、香りがハッカに似ていることからヤナギハッカとも呼ばれます。

栽培したところでは、春にタネを播いたところ、少し暑さに弱いので庭に植えた株は枯れてしまいましたが、プランターに植えて半日陰に置いた株は夏を越し、翌春に咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

草丈

気温が上がるにつれて生育が良くなり、60pほどになります。

小さな花が穂状に咲きます。花穂は20pほどになり、花色は青紫の他、ピンクや白花があります。群植すると、なかなか魅力があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、夏の高温多湿がやや苦手です。

学名の説明

Hyssopus・・・・・本種に使用された古代ギリシャの名前が語源です。

officinalis・・・・・「薬用の」、「薬効のある」

【主な種類と品種】

各色をミックスしたタネが出ています。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てる場合は、通常は秋まき又は春まきのいずれも可能ですが、秋まきでは、開花は翌々春になります。箱まきにして、覆土はごく薄くします。

発芽後、本葉が2〜3枚になったら3号のポリポットに植え替えます。

植え付け

タネから育てた場合は、ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり50gほど撒いて庭土に混ぜておきます。定植する際は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5Lほど入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

また、プランターなどに植えるときは、春に苗が出回りますので、これを植え付けると簡単に育てることができます。

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。暖地の場合は、夏の西日が当たるようなところは避けた方が賢明です。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。梅雨時から夏の間、長雨になりそうなときは雨の当たらないところに移すと安心です。

ヒソップの花

株間

30pほどにします。

植え替え

鉢やプランターに植えている場合は、毎年植え替えたほうが根詰まりしません。

日常の管理

乾燥には比較的強いですが、多湿を嫌いますので水のやりすぎには注意します。

夏の管理

夏の蒸れに弱いので、花後に、混みあった枝を切り取っておきます。鉢やプランターは、半日陰に移します。

冬の管理

冬が近づいたら、株元から15〜20cmほどのところで枝を切り取っておきます。

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくします。

ふやし方

タネから育てるほか、挿し芽で増やせます。6〜7月に、枝を10cmほど切り取って挿し穂をつくり、1時間ほど吸水させてバーミキュライトなどに挿します。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えますが、庭植えの場合、後は、はあまり肥料を与える必要はありません。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。