ヒヤシンス Hyacinthus orientalis

ヒヤシンスの花
写真 'レディダービー'ほか
撮影時期 2014.3.23
栽培状況 プランター植え
科名・属名

ユリ科
ヒヤシンス属

園芸分類

秋植え球根

別名

ヒアシンス

原産地

ギリシャ、トルコ、シリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【ヒヤシンスについて】

ヒヤシンスは、ギリシャ、トルコ、シリアなどが原産のユリ科の秋植え球根です。数ある秋植え球根の中でも、特に人気のあるもののひとつです。花がたいへん美しいですが、甘い香りも実にすばらしいので花と香りがいっぺんに楽しめます。

また、草丈も低くいので、鉢やプランターで育てるのにも適しています。分球して球根が増えれば言うことなしですが、通常の栽培では、まず分球することはありません。

栽培したところでは、いつも大型のプランターに植えていますが、日当たりのよいところに置いておけば、よく咲いてくれます。休眠期に、大型のプランターに植えたまま、雨の当たらないところに置いてあったところ、翌年も、まずまずよく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ヒヤシンスの花

草丈

草丈は20〜30p程度です。

早春に太い花茎を伸ばし、香りのよい小花を穂状にたくさんつけます。

大きい球根ほど立派な花が咲くので、できれば大きめの球根を入手するようにします。

色は、ほとんどの色がそろっており、気に入った色の品種が手に入ります。また、八重咲きもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、丈夫です。

学名の説明

Hyacinthus・・・・・ギリシャ神話に登場する青年の名前 Hyacinthos に由来します。

orientalis・・・・・「東の」、「東方の」

【主な種類と品種】

チューリップや水仙と比較すると品種はそれほど多くありませんが、通信販売のカタログにはいろいろの品種が載っていますので、好みの色を選んで植えつけることができます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ヒヤシンスは庭植え、鉢植えのどちらでも楽しめます。植え付けの時期は、10月中旬〜11月上旬が適期です。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を撒いて、庭土とよく混ぜておきます。植え付けの際は、バーク堆肥と化成肥料を入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ヒヤシンスの花

鉢植えの用土

鉢植えの用土は、水はけのよいことものを使いますが、市販の球根用培養土でよく育ちます。

植え付けの深さ

深さは、庭植えは球根の上に土が3〜5cmほど被る程度に、鉢植えは球根の表面が少し隠れるくらいの浅植えとします。

株間

鉢植えの場合は、5号鉢に1球が標準的です。球根の肥大は期待できないかもしれませんが、それよりも大きめの鉢に、例えば7号鉢に5球程度を詰めて植えると豪華になります。

庭植えの場合は、球根2個分ほど空けるのが標準です。

植え替え

鉢はともかく、プランターに植えたものは、毎年掘り上げなくて2年に1回程度でかまいません。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

鉢植えやプランターの場合、冬の間に乾燥させ過ぎないよう注意します。

花茎が花の重みで傾くことがありますので、そういうときは、球根を傷めないように支柱を立ててやります。

花が終わったら、球根に負担をかけないよう早めに花ガラを取り除きます。

冬の管理

寒さには大変強いですし、冬の低温に当たらないと花芽がつきませんので、プランターや鉢植えも戸外の日当たりのよいところで育てます。

ヒヤシンスの花

休眠期の管理

品種にもよりますが、高温多湿の条件では腐りやすいですので、庭植えの場合は、葉が半分ほど枯れたら掘り上げて、夏は涼しいところで保存します。

プランターに植えたものは、掘り上げなくても、雨のかからないところに置いておけば大丈夫です。

肥料

元肥として緩効性の化成肥料を施します。後は、花後に追肥をします。

病気・害虫

水はけが悪いと球根が腐ってしまうことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。