ダンギク(段菊) Caryopteris incana

ダンギクの花
写真 ダンギク(段菊)
撮影時期 2017.9.17
栽培状況 庭植え
科名・属名

クマツヅラ科
カリガネソウ属

園芸分類

宿根草

別名

カリオプテリス

原産地

中国、台湾〜南九州

用途

庭植え、鉢植え

花期

9〜10月

【ダンギク(段菊)について】

ダンギク(段菊)は、キクという名前が付いていますが、クマツヅラ科カリガネソウ属の宿根草です。少し地味な感じの花ですが、花の付き方に特徴があり、花の少ない時期に咲くので貴重です。

丈夫な宿根草で、暖地では庭の隅に植えておけば、毎年花が楽しめます。園芸店やホームセンターなどで、ポット苗を買って育てることが多いですが、タネから育てることもできます。

タネを春にまいて栽培したところでは、その年は、貧弱な花しか咲きませんでしたが、2年目になると上の写真のようによく咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

ダンギクの花

草丈

草丈は、70〜80p程度になります。

花は、小さな青紫の花が集まって花穂をつくり、それが段になって咲くところからその名前が付いています。

花色は青紫が一般的ですが、白花や桃色もあり、カタログなどでは一緒に売られています。

耐寒性・耐暑性

暑さには強いですが、寒さに少し弱いので、寒地では露地植えでの冬越しは困難のようです。

私の住んでいる香南市野市町周辺では、冬の寒さは問題ありません。

学名の説明

Caryopteris・・・・・ギリシャ語の karyon(クルミ)+ pteron(翼)が語源です。

incana・・・・・「灰色の」、「微白色の」

【主な種類と品種】

青紫の品種が一般的ですが、白や桃色もあります。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

苗を買って育てるのが一般的ですが、タネも販売されていますので、タネから育てることができます。秋まきもできないことはありませんが、春まきのほうがよい結果が得られました。。

発芽適温は20度前後ですので、4月上旬〜下旬頃がタネまきの適期です。育苗箱に播き、薄く覆土します。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら、ポリポットに植え替えて苗を育てます。

ダンギクの花

植え付け

タネから育てた場合は、ポットの底に根が回ったら花壇やプランターに定植します。

庭に植える場合は、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3〜4割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

以前に、通常の植え方にしていたところ、夏に白絹病が発生したことがあります。ですので、水はけをよくするため、10〜15pほど盛り土をして、そこに植え付けたほうが無難です。

鉢やプランターで育てる場合は、園芸店やホームセンターなどに苗が出てきますので、これを買ってきて鉢やプランターに植え付けるのが手っ取り早い方法です。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

花壇に植えた場合は、3〜4年すると株が混みあってきますので、4〜5月ごろに株分けを兼ねて植え替えます。

根がよく張りますので、鉢植えは毎年植え替えます。鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをして植えつけます。

日常の管理

そのまま育てるとあまり分枝しませんので、15〜20cmほど伸びたら摘芯をします。

また、花がひととおり咲き終わったら切り戻しをしておきます。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら地際から切り取っておきます。

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、暖地では霜除け等の必要はありません。その他の地域は、マルチなど簡単な霜除けをしたほうが安全です。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下に移し、水やりは少なくします。

ダンギクの花

ふやし方

株分けのほか、挿し芽で増やすことができます。6月ごろに新芽の先を10cmほど切ってバーミキュライトなどに挿します。

肥料

花壇に植えた場合は、春先に化成肥料を株元に撒いておきます。

鉢植えの場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、4〜6月と9〜10月に液肥を月2〜3回与えます。

市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、元肥はいりません。

病気・害虫

水はけが悪いと白絹病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。