ゼニアオイ malva sylvestris var. maurtiana

ゼニアオイの花
写真 ゼニアオイ
撮影時期 2012.5.4
撮影場所 野市町にて
科名・属名

アオイ科
ゼニアオイ属

園芸分類

宿根草
春まき二年草

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ、温帯アジア

用途

庭植え

花期

5月

【ゼニアオイについて】

ゼニアオイは、ゼニアオイ属の宿根草で、江戸時代に中国から渡来した帰化植物です。とても強健で、つくりやすいことから、野生化しているのを見かけることもありますが、花自体とても美しいものです。よく似た花が咲くコモンマロウと間違われていることがあります。

ゼニアオイの「ゼニ」の由来は、花の大きさが五銖銭(ごしゅせん)と同じ大きさというところから銭葵(ぜにあおい)と呼ばれるようになったといわれています。

【花の特徴と性質】

草丈

80cm〜1mほどの高さになります。

花径は2.5〜3pほどで、5弁の花が咲きます。この花の特徴は、大きな脈が入ることで、花にアクセントがつき、見栄えがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒性があり、露地で越冬します。

学名の説明

malva・・・・・ギリシャ語の malache(軟らかくする)から出たラテン古名が属名になったものです。

sylvestris・・・・・「森に生ずる」

maurtiana・・・・・「モーリシャスの」

【主な種類と品種】

ゼニアオイの仲間については、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てる場合は、3月下旬〜4月ごろに播きます。直根性で移植を嫌うので、直播にするか、ポットに播きます。覆土は5mmほどにします。

直まきの場合は、50cm間隔で2〜3粒播いて、発芽後、よい苗を残してほかは間引きします。

ポリポットに播く場合は、3号のものを使用し、2〜3粒播いて、発芽後、徐々に間引いてしっかりした苗を1本残します。

植え付け

株が大きくなりますので、庭植えが適しています。どうしても鉢やプランターで育てる場合は、10号鉢か大型のプランターに植えつけます。

花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に、苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

ポットに播いて育てた場合は、ポットの底に根が回ったら定植しますが、直根性ですので定植が遅れないようにします。

植えつける際には、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

株分けしたものを植えつける場合は、9〜10月ごろに植えつけます。

ゼニアオイの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

日常の管理

花壇に植えた場合は、害虫に気を付ける以外、ほとんど手間がかかりません。

鉢に植えた場合は、鉢土の表面がよく乾いたら十分に水やりします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。

ふやし方

タネから育てる以外に、10〜11月に株分けして増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、やせ地でなければ肥料はほとんど必要ありません。

鉢やプランターに植えた場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

夏になるとハマキムシがつきやすく、うっかりすると大きな被害を被るので、オルトラン粒剤などの除虫剤を株元に播いておくことをおすすめします。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。