センダイハギ

センダイハギの花
写真 センダイハギ
撮影時期 2004.4.18
栽培状況 庭植え

科名・属名

マメ科
センダイハギ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

北海道、本州、樺太、朝鮮、東シベリアなど

用途

庭植え

花期

4〜5月

【センダイハギについて】

センダイハギは、日本では北海道や本州の海岸に自生しますが、黄色の花がきれいなので花壇にも植えられます。地下茎がよく伸びるので、適地であれば、あちこちから芽が出てきます。

もっとも、自生地でもおわかりのように、本来、寒冷地に向いていて、温暖地では、やや育ちにくいと言えます。そのせいか、地下茎でよく増えるというほどにはなりません。

因みに、その名は、伊達騒動を題材にした歌舞伎の有名な演目の「伽羅先代萩」(めいぼくせんだいはぎ)に由来すると言われています。もっとも、仙台萩とする場合もありますが、本種が仙台市以北に多く自生していることによるものです。

なお、ムラサキセンダイハギもセンダイハギとついていますが、別属になります。

【栽培メモ】

寒さには強いですが耐暑性はそれほどありません。そのせいでしょうか、地下茎でよく増えるとされていますが、庭植えにしていたものの香南市野市町あたりでは、ほとんど増えることはありませんし、草丈も30〜40cmほどにしかなりません。

【センダイハギの概要】

草丈

40〜80pほどになると言われていますが、温暖地ではそれほど伸びないようです。

20〜25pほどの花穂が伸びて黄色のきれいな花を咲かせます。花を例えるとルピナスに似た感じです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い

北国の海岸に生える宿根草ですので、耐寒性はありますが耐暑性はやや弱いと言えます。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

比較的やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Thermopsis lupinoides

学名の説明

Thermopsis・・・・・ギリシャ語の thermos(ハウチワマメ)+ opsis(・・・に似た)が語源です。

lupinoides・・・・・「ルピナスに似た」

【主な種類と品種】

園芸種はないようです。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 花壇に植える場合は、半日陰若しくは午後は日陰になるようなところに植え付けます。

※ 鉢やプランターで育てる場合も、夏場は半日陰に置いて育てます。

植え付け

庭植えでも鉢やプランターに植えて栽培できます。ただし、寒冷地など適地であれば、庭植えにすると地下茎が伸びて、あちこちに顔を出すことがありますので、そのことを考慮して植えつけます。植え付けは、春は3月ごろ、秋には10月〜11月ごろが適期です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の2〜3割程度の腐葉土(又はバーク堆肥)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土、鹿沼土、腐葉土(又はバーク堆肥)を4:3:3程度に混ぜた用土などを使います。

センダイハギの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、半日陰若しくは午後は日陰になるようなところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も、夏場は半日陰に置いて育てます。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2〜3年すると根詰まりになってきますので、株分けをして植え替えます。時期は、3月又は10月ごろが適期です。

日常の管理

鉢植えの場合は、過湿にならないように気をつけます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土がよく乾いたら午前中に水やりをします。

ふやし方

植え替えの時に、株分けをして増やします。株分けは、芽のついた地下茎を切り取って分けます。

肥料

庭植えの場合は、春先と秋に緩効性の化成肥料を株元に撒いておきます。量は少な目にします。

鉢やプランターに植える場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を鉢土に混ぜて植えつけてます。後は、液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

たまにアブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。