ステイロディスカス Steirodiscus tagetes

ステイロディスカスの花
写真 ステイロディスカス
撮影時期 2002.3.31
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

キク科
ステイロディスカス属

園芸分類

秋まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え、庭植え

花期

3月〜4月

【ステイロディスカスについて】

ステイロディスカスは、南アフリカ原産の秋まき一年草です。ただし、耐寒性が弱いこともあるのか、タネは出回ってなくて、春に苗を買って育てるのが一般的です。

マーガレットよりは、細めの感じがある草形になります。小型で花期が長いので鉢植えやプランターで栽培するのに重宝します。

栽培したところでは、苗を購入して育てるとよく咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

草丈

20p程度ですので、庭植えのほか鉢やプランターで育てるのに適しています。

春に花径2pほどの黄色い美しい花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱いので、冬季は防寒が必要です。また、耐暑性も弱く夏を越すことはできません。

学名の説明

Steirodiscus・・・・・steiros(堅い)+ discus(花盤)が語源のようです。
※ 花盤とは、花托の一部が大きくなって突き出したものを言います。

tagetes・・・・・ギリシャ神話に登場する女神 Tages に由来します。

【主な種類と品種】

ゴールドラッシュという品種がありますが、園芸店では、単にステイロディスカスとして売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどでは、春先に花が咲き始めたポット苗が売られていることが多いので、購入したら早めに花壇やプランターなどに植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

ステイロディスカスの花

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

15〜20pほどが適当です。

日常の管理

過湿を嫌いますので、鉢植えの場合は過湿にならないよう注意します。

花がらをこまめにつみ取ってやると見栄えもよくなりますし、長く楽しめます。

肥料

あまり多肥にする必要はなく、液肥を10日に1回程度与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。