ストケシア

ストケシアの花
写真 ストケシア
撮影時期 2006.6.11
栽培状況 庭植え

科名・属名

キク科
ストケシア属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ルリギク

原産地

北アメリカ南西部

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ストケシアについて】

ストケシアは、北アメリカ南西部の南カロライナからルイジアナ州が原産のキク科ストケシアの1属1種の宿根草で、日本には大正時代に渡来しています。花が美しく、鮮やかな紫や青紫の花が群開します。暑さ、寒さに強く、病害虫の発生もほとんどなく、育てやすいところも魅力です。

白花や黄色などの花色もありますが、梅雨入りの前後によく咲きますので、やはり涼しげなブルー系の色合いの花が好まれているようです。和名をルリギクと言いますが、花色に由来します。

【栽培メモ】

暑さや寒さに強く丈夫ですが、花壇に植えっぱなしにしておいたところ、なんとなく株に元気がなくなり、枯れてしまったことがあります。3〜4年したら株分けを兼ねて植え替えをした方が安全のようです。

【ストケシアの概要】

ストケシアの花

草丈

草丈は40〜50pですが、茎が横に広がって大株になりますので、定期的な植え替えが必要になります。

花期が長く、青紫の美しい花を初夏〜秋まで次々に咲かせます。

花茎は7p程度です。青紫の他、ピンクや白、薄黄色もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 強い
耐暑性 強い

耐暑性、耐寒性があります。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Stokesia laevis

学名の説明

Stokesia・・・・・スコットランドの植物学者 Jonathan Stokes への献名

laevis・・・・・「滑らかな」、「平滑の」

【主な種類と品種】

'るりこまち'

新しい品種で、一株に赤紫、淡桃、白などの花を咲かせます。

'江戸紫'

ストケシアの代表的な品種で、美しい青紫の品種です。

'トロイメライ'

草丈30pほどの矮性品種で、花は白花です。

【 育て方 】 −私はこう育てる−

栽培のポイント

※ 花壇に植えた場合は3〜4年、鉢やプランターに植えた場合は2年に1回、株分けして植え替えます。

植え付け

春から初夏にポット植えの苗が園芸店やホームセンターなどに出回りますので、これを買って植え付けます。秋に植えても問題ありません。

種苗会社のカタログにも、花色をセットした苗が出ています。

庭植えは勿論、草丈が低い品種であれば鉢やプランターでも栽培できます。ポット苗を購入した場合は、5〜6号鉢程度に植え付けます。

ストケシアの花

花壇に植える場合は、あらかじめ植えつけ場所に苦土石灰をまいて中和しておきます。

植え付ける際は、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3〜4割程度の腐葉土(又はバーク堆肥)と有機質肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(又はバーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけますが、半日陰程度でも十分に花を楽しむことができます。

鉢やプランターの用土も、日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

花壇に植える場合、段々と株が大きくなってきますので、株間は30cm程度にします。

植え替え

花壇に植えた場合は、3〜4年ぐらい経ったら株分けして植え替えます。3〜4月か9〜10月に行いますが、できるだけ長い根を付けて掘り上げることが大切です。

鉢やプランターに植えた場合も、2年に1回は株分けして植え替えます。

日常の管理

過湿には弱いので、プランターなどに植えた場合は水やりに注意します。ただし、乾燥させすぎると株が弱りますので注意します。

ストケシアの花

冬の管理

耐寒性が強く、戸外で冬を越します。鉢やプランターは、水やりは控えめにします。

ふやし方

植え替えるときに、株分けをして増やすことができます。

肥料

花壇に植える場合は、植えつけ時に有機質肥料を与えますが、後は、特に必要ありません。

鉢やプランターの場合は、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、暖かくなったら液肥を月2回ほど与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。