シンファンドラ Symphyandra zanzegur

シンファンドラの花
写真 シンファンドラ・ザンゼグル
撮影時期 2014.5.19
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キキョウ科
シンファンドラ属

園芸分類

一・二年草

別名

特にはありません

原産地

未確認

用途

鉢植え、庭植え

花期

5月〜6月

【シンファンドラについて】

シンファンドラは、キキョウ科の一・二年草です。ホタルブクロ属に近い属で、地中海沿岸の小アジア、バルカン半島などに10種ほど自生しているようです。

元々は宿根草と思いますが、夏場の高温多湿に弱く、花が咲いたあとは夏場に枯れてしまいました。

栽培したところでは、草姿、花とも小型で、草姿も繊細な印象を与えることから、鉢植えで育てるのに適しているように思われました。たくさん花が咲いてなかなか魅力のある草花です。

【花の特徴と性質】

シンファンドラの花

草丈

30〜40cmほどになります。

キキョウ科特有の釣鐘状の花が咲きます。花は小さいですが、花数が多いので開花時はきれいです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性があまり強くありません。

学名の説明

Symphyandra・・・・・ギリシャ語の symphyein (癒合する) + andros (雄しべ)が語源です。
※ 葯が結合されていることに由来します。

zanzegur・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

シンファンドラには、ザンゼグルの他にワイネリー(S. wainneri)や白花の咲くペンデュラ(S. pendula) があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

苗は、春に売られていますので、これを買って育てます。ポット苗が一般的ですので、根鉢を崩さないように大きい鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

水はけのよいよう度を使います。赤玉土、鹿沼土、腐葉土(バーク堆肥)を等量に混ぜた用土を使いましたが、特に問題なく育ちました。

シンファンドラの花

植え場所・置き場所

日当たりのよいところで育てます。ただし、暑さに弱いので、夏は半日陰の風通しのよい涼しいところで育てます。

日常の管理

春に苗を買って育てる場合は、それほど難しくはありませんが、茎が細くて折れやすいので注意します。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料

液肥をときどき与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。