シノティア Sparaxis spp.

シノティアの花
写真 シノティア
撮影時期 2009.3.20
栽培状況 鉢植え
科名・属名

アヤメ科
スパラキシス属

園芸分類

秋植え球根

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【シノティアについて】

シノティアは、南アフリカ原産のアヤメ科の秋植え球根です。種苗会社などのカタログなどにもほとんど出ていませんので、あまり栽培されることがありません。半耐寒性ですが、比較的耐寒性があり軒下で栽培できます。

新しい分類では、シノティア属(Synnotia)からスパラキシス属に変更になっていますので、最近は、スパラキシスとして扱われるようになってきています。ここでは、とりあえず、古い属名のシノティアとして取り扱っています。

栽培したところでは、特に難しいことはありませんでした。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈そのものは10pほどで、花茎は長く伸び20pほどになります。葉が扇形に広がるところが少し変わっています。

花径2pほどの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がやや弱いので、霜に当てないようにします。

学名の説明

Sparaxis・・・・・・ギリシャ語の sparasso(引き裂く、破る)が語源です。

villosa・・・・・「軟毛のある」、「長い軟毛のある」

variegata・・・・・「斑入りの」、「斑紋のある」

metelerkampiae・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

ビローサ
S. villosa

黄色と淡い紫色の複色花です。

バリエガータ
S. variegata

上部の花弁が紫色で、多の花弁がクリーム色のトランペット形の左右対称の花が咲きます。

メテラカンピアエ
S. metelerkampiae

下側の花被弁に白いスペードの形をしたマーキングが入り、紫色の左右対称の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

半耐寒性で霜に当たると傷みますので、鉢やプランターで育てます。また、小型の球根ですので、プランターの場合は、小型のものを使います。植えつけの適期は、10月〜11月上旬ごろです。

シノティアの花

鉢植えの用土

市販の球根用の培養土などを使います。

置き場所

日当たりのよいところで管理します。

株間

3〜5pほどにします。

日常の管理

過湿にならないよう、水やりは土の表面が乾いてから行います。

冬の管理

葉が出てきたら、霜の当たらない軒下などに置きます。水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

休眠期の管理

葉が黄色くなったら掘り上げます。あるいは、鉢に植えたまま秋まで雨の当たらない涼しいところで保管し、10月になったら掘り上げて、新しい用土に植え付けます。

掘り上げた球根は、水洗いして日陰で乾燥させます。球根が乾いたら、分球しているものは球根を分けてネットの袋などに入れて、秋の植え付け時まで保管しておきます。保管場所は、雨の当たらない日陰の風通しのよいところにします。

肥料

植え付け時に緩効性の肥料を与えます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。