宿根サルビア Salvia spp.

宿根サルビア ‘ライムライト’
写真 宿根サルビア ‘ライムライト’
撮影時期 2003.10.24
栽培状況 庭植え
科名・属名

シソ科
サルビア属

園芸分類

宿根草

別名

(主な種類と品種を参照してください。)

原産地

メキシコ他

用途

庭植え、鉢植え

花期

初夏〜晩秋

【宿根サルビアについて】

宿根サルビアには、たくさんの種類があります。花が美しく、個性的なものが多いですので、お気に入りのものを選んで楽しむことができます。なお、おぎはら植物園のカタログには、たくさんの品種が載っています。

ここでは、サルビア・メキシカーナ、サルビア・マドレンシス、ジヤーマンダーセージを取り上げています。いずれも花が美しい個性的な宿根サルビアです。

【花の特徴と性質】

草丈

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

ここで取り上げている種類は、耐暑性、耐寒性とも強いです。

学名の説明

Salvia・・・・・salvare(治癒する)に由来するセージ(sage)のラテン古名 salvia から。
※ この属の一部が薬用になることに由来します。

mexicana・・・・・「メキシコの」

madrensis・・・・・メキシコ中央部に位置する「シエラ・マドレ(山脈)の」

chamaedryoides・・・・・「ジャーマンダーのような」

【主な種類と品種】

サルビア・メキシカーナ
S. mexicana

‘ライムライト’という品種がよく栽培されています。草丈は1.5mほどで、濃い青紫色の花とライムイエローのガクのコントラストが印象に残る花です。

サルビア・マドレンシス
S. madrensis

‘イエローマジェスティ’と言う品種がおなじみです。大型のサルビアで、黄色の美しい花が秋に楽しめます。(写真下)

ジャーマンダーセージ
S. chamaedryoides

草丈は40p程度のコンパクトな種類で、シルバーリーフと鮮やかな青花が魅力です。

その他の宿根サルビアについては、こちらをごらんください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春と秋に苗が売られていますが、通常は、春に植えつけます。暖地は秋に植えつけても問題ありません。園芸店などでは初夏〜夏に花の咲いたポット苗も出ています。

大型の品種は、鉢やプランターでの栽培には適していませんので、鉢やプランターで育てるなら、あまり大きくならない種類を選びます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

サルビア・マドレンシスの花

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

根がよく張るので、鉢植えの場合は、毎年植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、半分近く古い土を落として植え替えます。

日常の管理

草丈が高くなり、倒伏しやすい種類は、一度摘芯をすると草丈を低く抑えることができます。

また、晩秋に花が終わった後は、思い切って切り戻しをしておきます。

冬の管理

暖地では、ほとんどが庭植えで冬を越しますが、耐寒性のやや弱い‘イエローマジェスティ’は、霜除けをした方が安心です。

鉢やプランターに植えた場合は、耐寒性の強い品種を除き、霜の当たらない軒下などに移します。

ふやし方

多くの品種が挿し芽で増やすことができます。また、品種によっては株分で増やすこともできます。

肥料

花壇に植える場合は、ほとんど必要としませんが、必要なら4月と9月ごろに緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターで育てる場合は、植えつけ時に緩効性の肥料を与え、後は、4〜6月、9〜10月に月1回固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。