宿根アマ Linum perenne

宿根アマの花
写真 宿根アマ
撮影時期 2014.5.31
栽培状況 秋まき後、庭植え(冬は農ポリでトンネル)
科名・属名

アマ科
アマ(リナム)属

園芸分類

宿根草

別名

ペレニアルフラックス

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【宿根アマについて】

宿根アマは、リナム属の仲間で、ベニバナアマなどと比較すると、草丈も低くコンパクトな印象です。「宿根」という名前がついていますが、暖地の場合は夏の高温多湿で枯れてしまうことが多く、なかなか宿根するところまでいきません。寒冷地に向いた宿根草ではないでしょうか。

以前にまいたときは、夏を越した株もありましたが、このところの温暖化の影響で夏越しが難しくなっているのかもしれません。

栽培したところでは、秋にポリポットに直接まいて育てましたが、苗まで育てるのは比較的容易でした。本来、寒さには強いですが、冬場、トンネルをして栽培したところ、そこそこ花を楽しむことができました。

春まきにして、夏を越せればよいので、また、挑戦してみるつもりです。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40pほどになります。

花径3pほどの淡いブルーの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く問題ありませんが、高温多湿は苦手です。

学名の説明

Linum・・・・・lion(糸)が語源です。

perenne・・・・・「多年草の」

【主な種類と品種】

宿根アマとしてカタログに載っています。タネは国華園のカタログに出ていました。

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

9月下旬〜10月頃又は3月下旬〜4月ごろにまきます。移植を嫌いますので、ポリポットに直接まいて育てます。

発芽後、生育のよい苗を1本を残してあとは間引きします。生育はゆっくりですが、育苗はそれほど難しくありません。

植え付け

本葉が6〜7枚になり、ポリポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を30gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

宿根アマの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

15〜20cmほどにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、半日陰、あるいは、午後は日陰になるところに植えつけます。

鉢やプランターに植えた場合は、秋から春は日当たりのよいところに、夏は半日陰〜明るい半日陰に置きます。

日常の管理

草丈が10cmほどになったら摘芯をしてやると、まとまった株になり花付きがよくなります。

花ガラはこまめに取り除くようにします。花後には思い切って切り戻しをして、風通しをよくします。

冬の管理

耐寒性は強いですが、強い霜には注意します。定植が遅くなったときは、冬場、ポリフィルムシートでトンネルをしてやるとよく育ちます。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら午前中に水やりをします。

肥料

花壇に植えた場合は、植えつけ時に施肥すれば、後は特に肥料を与えなくてもよく咲いてくれます。

プランターや鉢植える場合は、植え付け時に緩効性の化成肥料を与え、後は、2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。