シレネ・ペンデュラ Silene pendula

シレネの花
写真 シレネ・ペンデュラ
撮影時期 2008.4.29
栽培状況 秋まき後、庭植え
科名・属名

ナデシコ科
シレネ属

園芸分類

秋まき一年草

別名

フクロナデシコ

原産地

ヨーロッパ中南部
地中海沿岸

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【シレネ・ペンデュラについて】

シレネ・ペンデュラは、ナデシコ科の秋まき一年草です。別名をフクロナデシコと言いますが、写真のように花が終わった後に、ガクが袋状にふくらむところからその名前が付いたものです。

ピンクの花が大変きれいで、満開のときは思わず引きつけられます。ピンクの花色のほかに濃いピンクや淡い花色の品種もあります。

なお、シレネ・アルメリアは、コマチソウとして別に載せています。

栽培したところでは、発芽後の生育がよく、育苗は簡単でした。まとめて植えるとまた格別の美しさです。

【花の特徴と性質】

シレネ・ペンデュラの花

草丈

シレネ・ペンデュラは草丈が10〜15p程度と草丈が低いのでプランターに植えるのにも適しています。

ピンクの花をよく見かけますが、下の写真のような濃い花色の品種があります。

花茎は2p程度で、満開のときは大変きれいです。

耐寒性・耐暑性

寒さにも強く、暖地では霜よけなしで越冬します。

学名の説明

Silene・・・・・・ギリシャ神話に登場するバッカスの養父シレノス(Silenos)にちなみます。

pendula・・・・・「ぶら下がった」

【主な種類と品種】

以前に、ピンククラウドという品種が「サカタのタネ」から販売されていました。

また、シレネ属では、ピンクピルエット('Pink Pirouette')もよく栽培されますが、これは、コロラタ種(S. colorata)の品種です。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てるときは、9月中旬〜10月中旬にタネをまきます。育苗箱にバラまきし、覆土はタネが隠れる2o程度にします。

発芽後、本葉3〜4枚のときに、ポットや小鉢に植え替えます。

植え付け

植え付け前に、苦土石灰を1uあたり50〜100gほど撒いて、深さ30cmほど庭土を耕しておきます。

ポットの底に根が回ったら花壇やプランターに定植します。花壇に植えるときは、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を入れて、庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

シレネ・ペンデュラの花

寒さが来る前に植え付け、しっかりした株にすることが大切です。

鉢やプランターで楽しむなら、春に花が咲き始めた苗が出回りますので、これを購入すれば手軽に楽しめます。

秋にも苗が売られていますので、気をつけていれば、手に入れることができます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土などを使います。

株間

20〜25cm間隔で植えます。標準のプランターの場合は、3〜4株ほどが目安です。

植え場所・置き場所

日当たり、水はけのよい場所に植えます。

鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

花ガラは早めに取り除いておきます。

冬の管理

耐寒性があり、戸外で冬を越します。ただし、特に寒さが厳しいときは、不織布などをかけておくと安心です。

鉢やプランターは軒下などに移し、水やりは控えめにします。

シレネ・コロラータの花

肥料

花壇に植える場合は、植え付け時に化成肥料を1u当たり50gほど入れて植え付けます。

追肥は、ほとんど必要ありません。

多肥を避け、過保護にしない方が花付きがよくなります。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、暖かくなってから液肥を2週間に1回程度施します。

用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

アブラムシがつくことがありますので、見つけたら駆除しておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。