ゴクラクチョウカ(極楽鳥花) Strelitzia reginae

ゴクラクチョウカの花
写真 ゴクラクチョウカ
撮影時期 2014.5.4
撮影場所 室戸市にて
科名・属名

ゴクラクチョウカ科
ゴクラクチョウカ属

園芸分類

宿根草

別名

ストレリチア

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

4月〜9月

【花の印象など】

ゴクラクチョウカは、温室で見かけることが多かったですが、先日、室戸市のジオパークに行った帰りに国道沿いで見事に咲いているゴクラクチョウカを見かけました。

最低気温が3度以下にならなければ冬を越すことが可能なようですが、室戸市は本当に暖かいと改めて実感しました。

【花の特徴と性質】

草丈

1〜1.5mほどになります。

派手な色が特徴ですが、花の部分が鶏冠に、苞の部分がくちばしに似ているところから鳥をイメージしたものと思われます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱いので、一般には鉢での栽培になります。温室がなくても、室内で冬を越すことができます。

【主な種類と品種】

南アフリカに4〜5種が自生しています。

【育て方と栽培のポイント】

ゴクラクチョウカの花

植え付け

植え付け、植え替えは、十分に温度が上がった5月〜夏に行います。苗は園芸店や種苗会社のカタログにも載っていることがあります。用土はホームセンターなどで売られている観葉植物の用土で差し支えありません。

置き場所

日当たりのよいところで育てます。日当たりが悪いと、花が咲かないことになります。冬は室内の日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

生育期間中は、鉢の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。冬場はみずやりを控え、乾燥気味に育てます。

肥料

2〜3ヶ月に1回緩効性肥料を与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。