クンシラン Clivia miniata

クンシランの花
写真 クンシラン
撮影時期 2001.4.15
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒガンバナ科
クリビア属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

クリビア

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【クンシランについて】

クンシランは、南アフリカ原産の半耐寒性の宿根草です。洋ランの仲間ではありませんが、ランという名前が付くだけに、洋ランに劣らぬ美しい花が咲きます。しっかりした花茎の先に赤橙色の豪華な花が咲いている姿は本当に美しいものです。最近は、黄色の花もよく見かけるようになりました。

明治時代に日本に入ってきたと言われています。クリビア属では、ノビリス種(C. nobilis)もあり、もともとは本種がクンシランでしたが、花が下向きに咲くことからあまり栽培されず、ウケザキクンシランのミニアータ(C. miniata)に取って代わられ、今ではクンシランと言えばミニアータ種を指します。

栽培したところでは、冬の寒さと、強い日射しから守ってやりさえすれば、栽培は容易です。冬は、霜の当たらない軒下に置いていますが、寒さで少し葉先が傷む程度で冬を越しています。

【花の特徴と性質】

草丈

ダルマ系と呼ばれる矮性のもので20p、高性のものになると70pほどになります。

花径は、通常4〜7p程度です。ひとつの花茎に10〜15輪程度の花を咲かせますが、多花性種になると20輪にもなりたいへん豪華です。

花の色は赤橙色ですが、株により濃淡があります。やはり、濃い色が好まれるようです。

最近は黄色のクンシランもカタログなどでずいぶんと見かけるようになり、価格も下がって手に入れやすくなってきました。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性は弱く、霜に当たると傷んでしまいます。

学名の説明

Clivia・・・・・18世紀イギリスのノーサンバーランド州の公爵夫人 Charlotte Flornetina Clive に因みます。

miniata・・・・・「赤色の」、「赤くなった」

nobilis・・・・・「気品のある」、「立派な」

【主な種類と品種】

黄花の品種や葉に斑の入ったものは、名前が付けられて売られています。特に、「羽陽の華」という品種は、多花性で非常に美しいものです。

従来の赤橙色では、ダルマ系という丈が低く葉の幅が広い品種がよく売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

タネから育てることができますが、一般には、4〜5月に株を購入して植えつけます。耐寒性が弱いので、鉢での栽培になります。

大きい鉢は使わず、5号鉢程度に植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

クンシランは直射日光を嫌い、日射しの強いところに置くとたちまち葉焼けしてしまいます。したがって、1年のほとんどを明るい日陰に置いて育てます。

4〜11月は戸外の明るい日陰で、12月〜3月は室内で育てます。戸外に明るい日陰がない場合は、遮光ネットを使います。特に夏場は十分に遮光して株を保護する必要があります。

植え替え

管理を間違わなければ、子株ができて大きくなってきますので、2〜3年ぐらいすると植え替えの時期になります。株分けせず大きな鉢に植え替えすれば、花時に花茎が2〜3本伸びてきますので大変豪華になります。

クンシランの花

植え替えは5月ごろが適期です。古い用土と傷んだ根を取り除いて、新しい用土で植え替えます。

日常の管理

乾燥には強いですが過湿に弱いので、春から秋は、鉢土の表面が乾いてから十分に水やりをします。

高温時に葉の間に水がたまると軟腐病が発生する恐れがありますので、夏場は夕方以降に水やりし、葉にかからないようにします。

鉢を同じ方向に置いたままにしておくと、草姿が乱れますので1〜2週間ごとに鉢を180度回転してやることが必要です。

花が終わった後、そのままにしておくとタネができますので、タネを取って播く予定がなければ早めに花茎を切り取ります。

冬の管理

クンシランは寒さに弱く、霜に当てると傷みますので、霜の降りる前に室内に取り込んで管理します。冬の室内では、レースのカーテンで遮光し、水やりは控えめにします。

関東以西の暖地では、室内に取り込んでもよいですが、霜の当たらない軒下などに置けば冬を越せます。ただし、特に寒さの厳しいときは、室内に取り込むようにします。

クンシランは、10度以下の低温に60日程度はあわないと花茎が伸びないという性質を持っていますので、室内に取り込む時期が早すぎるとうまく咲いてくれません。

ふやし方

比較的簡単に株分けができますので、植え替えの際、根を傷めないように分けてやります。

肥料

肥料をよく好みますので、植えつけ時に緩効性肥料を与え、花後と秋に置き肥をします。

病気・害虫

病害虫は特にありませんが、ナメクジに葉を食べられることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。