キリンソウ Phedimus aizoon var. floribundum

キリンソウの花
写真 キリンソウ
撮影時期 2011.6.11
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ベンケイソウ科
キリンソウ属

園芸分類

宿根草

別名

特にありません

原産地

日本

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜6月

【キリンソウについて】

キリンソウは、キリンソウ属の宿根草です。名の由来は、中国の古書に出てくる、想像上の動物、麒麟(きりん)に由来するという説もありますが、草姿や花からして首肯できません。むしろ、黄色い花が輪のように咲くところから名付けられた「黄輪草」が正しいように思われます。

キリンソウには、ヒカリダケキリンソウなど高山系のものもありますが、単にキリンソウといえば、写真の種類を指すのが一般的です。

栽培したところでは、丈夫で、過湿に気を付ければ育てやすい草花です。

【花の特徴と性質】

草丈

30pほどになります。

小さな黄色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、丈夫です。

学名の説明

Phedimus・・・・・ギリシャ語の phaidimos(光沢のある)が語源です。

aizoon・・・・・「常緑の」

floribundum・・・・・「花の多い」

【主な種類と品種】

近縁種にホソバノキリンソウがあります。キリンソウに比べて細長い葉で、基部近くまで鋸歯があるところが違いです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

マンネングサ属(セダム属)に分類されることのある宿根草ですので、鉢やプランターで育てると失敗はありません。春に植え付けしますが、花後に挿し芽したものを植え付けてもよく育ちます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥(腐葉土)を2:2:1程度に混ぜたものを使っていますが、問題なく育っています。

植え場所・置き場所

庭植えにするときは、水はけがよいところに植えないと根腐れすることがあります。

鉢やプランターに植える場合は、日当たりのよいところで育てます。梅雨時に長雨が続くときは、軒下など雨のかからないところら移した方が安全です。

キリンソウの花

植え替え

鉢やプランターは、3月ごろに植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、植え替えます。

日常の管理

茎が伸びすぎた場合は、花後に切り戻しをします。

冬の管理

冬になると地上部が枯れてきますが、地際に新しい芽が顔を出しますので、古い茎は地際で切り取っておきます。

寒くなってきたら、霜の当たらない軒下などに移します。水やりは、ごく控えめにします。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。花後に切り戻したとき、茎の先の方を10cmほど切って鹿沼土などに挿すと簡単に発根します。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与えます。後は、月に2回ほど液肥を与えますが、それほど多肥にする必要はありません。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。