トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て」の一覧に戻る「て」の一覧に戻る 「と」の一覧に戻る「と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ スマホ版スマホ版

キク(菊) Dendranthema×grandiflorum

キクの花
写真 キク
撮影時期 2000.11.12
撮影場所 香我美町にて
科名・属名

キク科
キク属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ポットマム
クッションマム

原産地

中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

10〜11月

【花の印象など】

キクは日本固有の花かと思っていたら、7世紀に中国からもたらされたようです。さらに、日本から欧米に渡って、おびただしい品種がつくられています。

伝統的な三本仕立ての和ギクも素晴らしいですが、スプレーギクなど洋ギクもなかなか魅力があります。

【花の特徴と性質】

キクの花

大きく和ギクと欧米で改良された洋ギクに分かれますが、和ギクには専門書が多くありますので、ここでは洋ギクについて簡単に紹介します。

草丈

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

いずれの品種も耐寒性があり、露地で越冬します。

【主な種類と品種】

スプレーギク

スプレーギクは一本の茎にたくさんの花をつける中輪系洋ギクで種類が豊富で人気があります。

ポットマム

中輪ギクの代表で、鉢植え用に改良されたものです。矮性でよく分枝しますのでキクを手軽に鉢で楽しむのには適しています。

クッションマム

タネから育てる矮性品種で、草丈は25pほどで花壇の植栽に向いています。

この他、咲く時期によっても分けられています。

【育て方と栽培のポイント】
キクの花 植えつけの時期

クッションマムは春にタネを播いて、6月頃に定植します。その他のキクは春に植えつけます。

植え場所、置き場所

日当たりと風通しのよい場所が適地です。

株間

25pほどにします。

日常の管理

宿根草ですが植えっぱなしにすると、下葉が枯れたり、茂りすぎるので毎年株分けして株を更新したほうがよい結果が得られます。

挿し芽で更新することもできます。適期は5月です。フレームがあれば、11月頃冬至芽を挿してフレームで越冬させます。

また、ポットマムを冬越しして翌年も育てると、茎が草丈が伸びてきますので、摘芯をして低く抑えます。

肥料

庭植の場合腐葉土を十分に混ぜます。

病気・害虫

アブラムシがついたり、褐斑病、黒斑病などが発生します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。