カゲツ(花月) Crassula ovata

カゲツの花
写真 カゲツ
撮影時期 2016.2.7
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ベンケイソウ科
クラッスラ属

園芸分類

多肉植物

別名

金のなる木
成金草

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

12〜3月

【カゲツについて】

カゲツは、「金のなる木」としてよく知られていますが、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物です。縁起の良い名前とつやのある葉、それに花も美しいことから、よく栽培されます。

なお、クラッスラ属にはバラエティーに富んだ多くの植物があります。

栽培したところでは、とにかく乾き気味にして育てさえすれば失敗することはありません。ただし、そこそこ大きくならないと開花しませんでしたが、品種によるのかもしれません。

【花の特徴と性質】

カゲツの花

草丈

大きくなると50〜80pほどになります。

葉はつやのある緑色で先端が濃い紅色になります。

小さな星形の花が固まって咲くのでなかなか美しいものです。

花色は極くうすいピンク色ですが、写真のような弁先がほんのりと色づく品種も出回っています。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は問題ありませんが、耐寒性は弱いです。

学名の説明

Crassula・・・・・「厚い」、「太い」という意味の rassusが語源です。

ovata・・・・・「卵型の」、「卵円形の」

【主な種類と品種】

葉に斑の入る黄金花月、紅花月、花月錦などがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

多肉植物の仲間で過湿を嫌いますので、鉢での栽培になります。通常、晩秋から2月頃に花の咲いた株などを園芸店やホームセンターなどでよく見かけます。それ以外の時期にも置いてあることがありますので、気に入った株を買って育てます。

購入した株の鉢が小さすぎるときは、根詰まりしますので、4月になったら一回り大きい鉢に植え替えます

鉢植えの用土

水はけのよいことが絶対で、多肉植物用の培養土などを使います。

カゲツの花

置き場所

日当たりのよいところに置いて管理します。

多湿にすると株が腐ってしまいますので、年間を通じて雨の当たらない軒下などで育てます。

植え替え

4〜5月又は9〜10月に行います。毎年植え替える必要はなく、2〜3年に1回を目安にします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

多肉植物ですので、過湿にならないよう水やりは控えめにします。

特に、秋の終わりから初春までは特に水やりしすぎないように注意します。また、真夏も水を与えすぎないようにします。

冬の管理

耐寒性が強くないので、霜に当たると傷んでしまいます。暖地では霜の当たらない軒下や玄関先に、その他の地域は室内に取り込んだほうが安全です。

水やりはごく控えめにしますが、寒い時期に開花しますので極端に乾燥させすぎないよう、鉢土が乾いてから3〜4日たったら晴れた日の午前中に水やりをします。

ふやし方

挿し芽で増やすことができます。5〜6月ごろに茎の先端部を2〜3節のところで切り、切り口を2〜3日乾かしてから挿すと発根します。

肥料

あまり多く与える必要はありません。4〜6月に少し置き肥をする程度にします。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。