エンポディウム Empodium namaquensis

エンポディウムの花
写真 エンポディウム
撮影時期 2017.10.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ユリ科
エンポディウム属

園芸分類

夏植え球根

別名

(特にありません)

原産地

南アフリカ・ナマクアランド

用途

鉢植え

花期

10月

【エンポディウムについて】

エンポディウムは、南アフリカ原産のユリ科の夏植え球根です。種小名は、ナマクアランドという地名に由来していますが、このナマクアラン地方は、いつもは半砂漠の不毛地帯ですが、年に一度、ワイルドフラワーの種が一斉に芽吹いて美しい花園が出現することで知られています。

丈夫で、秋に、さわやかな黄色の花が楽しめます。一般の園芸図書にはほとんどの掲載されていませんので、めずらしいものではないでしょうか。

ずいぶん前の「サカタのタネ」の6月号に載っていたので購入しましたが、1年目はあまり開花しませんでしたが、翌年から咲き出しました。

栽培したところでは、休眠期に、植えっぱなしにして雨に当てると球根が腐ってしまいますが、その点さえ気をつければ育てやすい球根です。

【花の特徴と性質】

エンポディウムの花

草丈

極く小さく、5p程度です。

花径は3pほどで、6弁のすっきりした黄色の花が咲きます。花には芳香があります。

日が経つにつれて、花弁が反り返るようになります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は中程度となっていますので、軒下で大丈夫です。

耐寒性・耐暑性

Empodium・・・・・「爪間体」という意味です。

namaquensis・・・・・(南アフリカ共和国の)「ナマクアランドの」

【主な種類と品種】

エンポディウムは、南アフリカに8種ほど発見されていますが、流通しているのはナマクエンシスだけのようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

9月下旬ごろが植えつけの適期です。暖地では庭植えもできそうですが、小型で他の植物に負けてしまいそうなので、鉢や小型のプランターでの栽培が適しています。植え付けた後は、徐々に水やりをしていけば失敗がありません。

植えっぱなしにしておくと、10月に入ると花茎が伸びてきますので、徐々に水やりを再開します。

鉢植えの用土

用土は、市販の球根用培養土で差し支えありません。私は、赤玉土、鹿沼土、バーク堆肥を等量にしたものに有機石灰を少し混ぜた用土を使っていますが、特に問題なく育っています。

エンポディウムの花

植え替え

1年で株が大きくなりますので、詰めて植えている場合は毎年、そうでなくても2年に1回は植え替えます。

置き場所

日当たりのよいところで育てます。

株間

3〜5pほどにしますが、10球ほどをひとまとめにして植えると開花時は見映えがします。

冬の管理

暖地では、霜の当たらない軒下で冬を越しますが、寒い地域は室内に移します。

休眠期の管理

地上部が枯れたら、鉢ごと植え替え時期まで雨のかからない涼しいところで保管します。暑い時期に雨に当てると球根が腐ってしまいますので注意します。

ふやし方

植え替えのときに分球して増やすことができます。

肥料

市販の球根用培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、植えつけ後、1月ほどしたら液肥を2週間に1回程度施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、同様に追肥をします。

病気・害虫

特に被害を与えるようなものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。