アナガリス Anagallis monellii

アナガリスの花
写真 'ブルーライト'
撮影時期 2008.4.29
栽培状況 秋まき後、プランターに植え付け
科名・属名

サクラソウ科
ルリハコベ属

園芸分類

耐寒性宿根草
(一年草)

別名

(特にありません)

原産地

ポルトガル、スペイン

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5月

【アナガリスについて】

アナガリスは、ポルトガル、スペインなどが原産のサクラソウ科ルリハコベ属の秋まき一年草です。園芸店やホームセンターなどで見かけるのは、モネリー(A. monellii)の園芸品種です。

ところで、ルリハコベ属は、世界の温帯から亜熱帯に分布している一年草又は多年草で、日本にはルリハコベ(A. arvensis)が暖地の海岸などに自生しています。

流通しているモネリーの園芸品種は、這性で茎が横に伸びていきます。耐暑性が弱く夏越しが難しいので、一年草として扱われています。

栽培したところでは、‘ブルーライト'という品種をまいてみましたが、発芽もよく、大変にぎやかに咲いてくれました。

【花の特徴と性質】

アナガリスの花

草丈

20〜30pほどで、成長力が強く横にぐんぐんと広がっていきます。

花径は1pほどですが、花付きがよく、写真のようにけっこうにぎやかに咲いてくれます。花期もまずまず長いといえます。

日中は花が開いていますが、夕方には閉じます。

耐寒性・耐暑性

寒さには比較的強いですが、霜に当たると傷みます。耐暑性はそれほど強くありません。

学名の説明

Anagallis・・・・・この属の植物の古ギリシャ名に由来します。

monellii・・・・・(※ 不詳)

arvensis・・・・・「耕作地の」

【主な種類と品種】

以下の品種は、モネリーの園芸種です。

‘スカイラバー'
cv. Skylover

大変美しい瑠璃色の花です。(写真:下)

‘ブルーライト'
cv. Blue Light

美しいブルーの花がいっせいに咲くので見ごたえがあります。やや匍匐性で、マット状に横に伸びます。

‘ピンクパッション'
cv. Pink Passion

ブルー花が主流のアナガリスですが、濃いオレンジ色で大変眼を引く品種です。(写真:最下段)

【育て方と栽培のポイント】

タネまき

タネから育てることができます。タネは9月中旬〜10月上旬に箱まきし、覆土はタネが隠れる程度にします。本葉が3〜4枚になったらポットや小鉢に植え替えます。

ポットや小鉢に植え替えた後で、摘芯をすると枝数が増えて、花がたくさん咲いてくれます。

アナガリスの花

植え付け

ポットに根が回ってきたら定植ですが、‘ブルーライト’という品種を育てた経験では、初期の生育がゆっくりですので、通常の栽培では秋に定植するところまで大きくなりませんでした。

品種によるのかもしれませんが、こういう場合は、フレームの中などで気長に育てていきます。

フレームで育てていると、定植できるようになるのは寒い時期になりますが、すぐに庭植えにすると生育が止まり、結果として、開花時期が梅雨が近くなるのでよい花は見込めません。

そのままフレームで育てて、花壇への定植は、暖かくなるまで待ちます。また、鉢やプランターへ植えた場合も、春まではフレームなどの中で育てます。

酸性土壌を嫌うので、庭植えの場合は、植えつけ前に苦土石灰で中和しておきます。

なお、春に苗が販売されていますので、これを植えつけると簡単です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みます。

株間

暖かくなってくると横に広がりますので、25〜30pほどにします。

日常の管理

どちらかというと蒸れに弱いので、鉢植えの場合は、多湿にならないように管理します。

花が終わったら半分ほどに刈り込ります。暖地では厳しいですが、夏を乗り越えることができれば、秋にまた花をつけるようです。

アナガリスの花

冬の管理

育苗中の苗も、鉢やプランターに植えた株も、暖かくなるまでフレームなどで育てます。

ふやし方

春に株分けができますし、挿し芽も可能です。バーミキュライトなどに挿し芽すれば発根します。ただし、暖地の場合は、夏を乗り切ることが難しいと言えます。

肥料

あまり多肥にする必要はありません。肥料を多く与えると花つきが悪くなります。

庭植えの場合は、無肥料でもよく育ちます。鉢やプランターの場合は、植え付け時に緩効性肥料を少なめに与え、暖かくなったら液肥を月2〜3回与えます。

病気・害虫

アブラムシがつきやすいので、見つけ次第駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。