ルッティスポリア x Ruttyruspolia

ルッティスポリアの花
写真 ルッティスポリア
撮影時期 2017.10.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キツネノマゴ科
(属間交配種)

園芸分類

非耐寒性低木

別名

(特にありません)

原産地

(園芸交雑種)

用途

鉢植え(庭植え)

花期

6〜10月

【ルッティスポリアについて】

ルッティスポリアは、アフリカ東部に自生しているキツネノマゴ科のルッティア・フルティコーサ(Ruttya fruticosa)と熱帯アフリカ原産のルスポリア・ヒポクラテリフォルミス(Ruspolia hypocrateriformis )を交配してつくられた園芸交雑種で、まだ、目新しい種類です。

栽培したところでは、今年買ったばかりでしたが10月になって咲き始めました。今は鉢植えにしていますが、来春には庭植えにして情報を追加していきます。

【花の特徴と性質】

樹高

放任しておくと2mほどになるようです。

花径2.5pほどの濃いサーモンピンクの花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はそれほどありません。ただし、関東以西の暖地であれば庭植えが可能だとされています。

学名の説明

Ruttyruspolia・・・・・二つの属名が合成されたものです。

Ruttya・・・・・アイルランドの医師で自然主義者の John Rutty に因みます。

Ruspolia・・・・・ イタリアの探検家で植物学者の Eugenio Ruspoli に因みます。

【主な種類と品種】

本種以外には特にないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

鉢に植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

庭に植える場合は、家の南面など北風の当たらない日当たりのよい場所に植え付け。

植え替え

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

剪定

花がひととおり終わった11月頃に切り戻しをしておくと冬の管理が楽になります。

冬の管理

耐寒性があまり強くないので、庭植えの場合、特に寒さの厳しいときは、関東以西の暖地でも霜除けをした方が安心です。

鉢植えの場合は、霜の当たらない軒下に置きますが、特に寒さの厳しいときは室内に取り込みます。

肥料

鉢植えは、5〜10月の間、定期的に置き肥をします。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。