ロータス・ベルセロッティ Lotus berthelotii

ロータス・ベルセロッティの花
写真 ロータス・ベルセロッティ
撮影時期 2000.4.8
撮影場所 淡路花博会場にて
科名・属名

マメ科
ヤコグサ属

園芸分類

非耐寒性宿根草

別名

ツルミヤコグサ

原産地

カナリア諸島など

用途

鉢植え

花期

4〜5月

【ロータス・ベルセロッティについて】

ロータス・ベルセロッティは、カナリー諸島原産で、別名をオウムのくちばしというように、オウムのくちばしに似たな赤い花が特徴です。この花を初めてみたのは、淡路花博の会場で、とても印象に残こりました。丁度満開だったのか、よい写真が撮れました。

園芸店でも見かけるようになってきましたが、耐寒性がないのが残念です。

【花の特徴と性質】

草丈

横に広がります。葉は細く、株全体が灰白色に見えます。

何とも形容しにくいような花ですが、英語の別名では、「オウムのくちばし」と呼ばれています。花色は緋紅または橙赤色です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がなく、戸外で越冬できません。

【主な種類と品種】

確認できていません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店で見かけることはほとんどありませんので、入手は簡単ではありません。ただし、先日(8月中旬)苗が園芸店に出ていました。

置き場所

高温多湿に弱いので、夏は半日陰の通風のよい場所に置きます。また、耐寒性がないので冬は室内に取り込みます。

日常の管理

高温過湿を嫌いますので、梅雨には雨の当たらないところで管理します。タネまき又は挿し木で増やすことができます。

肥料

生育期間中は肥料を切らさないようにします。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。