ロクベンシモツケ Filipendula vulgaris

ロクベンシモツケの花
写真 ロクベンシモツケ ' プレナ'
撮影時期 2017.5.28
栽培状況 小型のプランターで栽培
科名・属名

バラ科
シモツケソウ属

園芸分類

宿根草

別名

フィリペンジュラ
洋種シモツケ

原産地

ヨーロッパなど

用途

庭植え、鉢植え

花期
5〜6月

【ロクベンシモツケについて】

ロクベンシモツケは、ヨーロッパが原産のバラ科シモツケソウ属の宿根草です。その名のとおりシモツケソウの仲間ですが、シモツケソウとはかなり雰囲気の違った草姿をしています。葉はロゼット上で、切れ込みが深く、コンパクトなシダ植物のような印象を与えます。

よく出回っている‘プレナ’という品種は、白い小さな花が大きな房状になって咲きますので、なかなか美しいものです。草姿は全く違いますが、花そのものはセイヨウナツユキソウに似てなくもありません。

余談ですが、ずっと以前に栽培していた株がなくなり諦めていたところ、おぎはら植物園のカタログに載っていたのを見つけたときはうれしくなりました。早速購入した次第です。

栽培したところでは、夏の暑さが気がかりでしたが、比較的耐暑性があり、高知の夏の暑さも乗り切っています。

【花の特徴と性質】

ロクベンシモツケの花

草丈

20〜30pほどで、シダのような葉はロゼット状になります。

写真のように、花茎が伸びて白の小さな花が房状になって咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、耐暑性はそれほど強くありません。

ただし、半日陰で育てれば、関東以西の暖地でも十分栽培は可能です。

学名の説明

Filipendula・・・・・ filum(糸)+ pendulus(吊り下がった)が語源です。

vulgaris・・・・・「普通の」、「通常の」

【主な種類と品種】

プレナ

白花の品種です。

カホメ

ピンクの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

コンパクトな株ですので、鉢や小型のプランターで栽培するのに向いています。また、夏の高温多湿にやや弱いので、季節の応じて栽培環境が変えられる点からも鉢やプランターが適しています。植え付け時期は、秋でも、春でもかまいません。

勿論、庭植えもできますが、気をつけていないと他の草花に負けてしまう恐れがあります。

鉢植えの用土

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥(腐葉土)を等量にした用土に植えていますが、よく育っています。

株間

暖地で栽培すると、それほどの大株にはなりませんので15pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりを好みますが、関東以西の暖地で育てる場合は、落葉樹の下など半日陰になるところに植えつけます。

鉢やプランターで育てている場合も、6月〜9月は半日陰に置きますが、真夏は、風通しのよい明るい日陰が適しています。そういう環境がつくれない場合は、遮光ネットを利用します。

ロクベンシモツケの花

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回は植え替えをします。

庭に植えたときは、3年ほどすると株が混みあってきますので、株分けを兼ねて植え替えをします。時期は、春でも秋でもかまいません。

日常の管理

鉢やプランターで育てる場合は、過湿にならないようにします。

開花が進むと花の重みで花茎が倒れてしまうことがありますので、支えをしてやります。

夏の管理

耐暑性がそれほど強くないので、暖地の場合は、真夏は明るい日陰に移します。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

株分けで増やすことができます。順調に育っていれば、植え替えの時に少し土をほぐしてやると簡単に株分けできます。

肥料

春と秋に緩効性の肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。