ワトソニア

ワトソニアの花
写真 ミニチュアミックス
撮影時期 2019.4.23
栽培状況 庭植え

科名・属名

アヤメ科
ワトソニア属

園芸分類

秋植え球根

別名

ヒオウギズイセン

原産地

南アフリカケープ地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

4月〜5月

【ワトソニアについて】

ワトソニアは、南アフリカ原産のアヤメ科の秋植え球根で、グラジオラスをシンプルにしたような感じの花が、4月頃に咲きます。

グラジオラスと比較すると、種苗会社のカタログに掲載されている品種の数も少なく、それほど栽培されることはないようですが、グラジオラスとは違った魅力があります。

マルギナータ(W. marginata)、アーデルネイ(W.ardernei)、ピラミダタ(W.pyramidata)や、それらの交配種がありますが、その中でも、比較的よく栽培されているのは、ドワーフワトソニアと呼ばれる草丈の低い種類です。

とても丈夫な秋植え球根で、栽培は非常に簡単ですし、分球してよく増えます。また、矮性種を選べば鉢植えも可能です。

栽培したところでは、大変丈夫で、非常に育てやすい球根と言えます。

【ワトソニアの概要】

ワトソニアの花

草丈

高性種は草丈1mを超えます。秋に植え付けると、年末に1m近くになっています。

矮性種は草丈30pほどです。植えっぱなしにした2年目は、11月頃には葉が伸びてきます。

花は、長い花茎を伸ばし。穂状にたくさん咲いてきれいです。

花色は、白、ピンクが多いですが、赤や写真のようなサーモンピンクもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性 比較的強い
耐暑性 強い(植えっぱなしにできます)

耐寒性があり、植えっぱなしにできます。夏は休眠します。

(強い、比較的強い、やや弱い、弱い、の4区分。判断基準は、こちら)

栽培難易度

やさしい

(やさしい、比較的やさしい、やや難しい、かなり難しい、の4区分)

学名

Watsonia spp.

学名の説明

Watsonia・・・・・18世紀のイギリスの植物学者 William Watson への献名

marginata・・・・・「縁どりした」

ardernei・・・・・本種を発見したアーデルンに因みます。

pyramidata・・・・・「ピラミッド型の」

【主な種類と品種】

種苗会社のカタログにもあまり見かけませんが、たまに矮性種が載っていることがあります。

マルギナータ
W. marginata

マルギナータマイナーという品種は、草丈80pで、真っ赤な花が魅力です。

アーデルネイ
W.ardernei

草丈1mほどです。白花で、切り花に適しています。

ピラミダ−タ
W.pyramidata

藤桃色の花が咲きます。

ミニチュアミックス
(ドワーフワトソニア)

草丈30pほどの矮性種です。

【育て方と栽培のポイント】

栽培のポイント

※ 日当たり、水はけのよいところに植え付けます。

※ 鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

植え付け

園芸店やホームセンターなどで球根を見かけることは少なく、もっぱら種苗会社のカタログなどを通じて入手します。鉢やプランターで育てる場合は、草丈の低い矮性種が適しています。

植え付けは、10〜11月頃が適期です。花壇に植える場合は、あらかじめ苦土石灰を撒いて耕しておき、1週間ほどしたらバーク堆肥を入れて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

ワトソニアの花

鉢植えの用土

市販の球根用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は5cm、鉢やプランターに植える場合は3cmほどにします。

株間

庭植えでは、矮性種で5〜10p、高性種は10〜15pほどにします。

鉢植えの場合は、矮性種で5〜6号鉢に5球が目安です。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、毎年、若しくは2年に1回は植え替えます。

庭植えの場合は、3〜4年はして、球根が混み合ってきたら植え替えます。

植え場所・置き場所

日当たり、水はけのよいところに植え付けます。土質は選ばず、普通の庭土で十分育ちます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、表面の土が乾いたら水やりをして、過湿にならないようにします。

花の終わった花茎は早めに切り取ります。

休眠期の管理

植え替える場合は、葉が枯れてきたら掘り上げて、よく洗ってから日陰で乾燥させ、網袋に入れて雨や日の当たらないところで秋の植え替えまで保管します。

庭植えの場合で、植え替えをしないときは、そのまま植えっぱなしにできます。

ワトソニアの花

冬の管理

年内に葉を伸ばしてきますが耐寒性は比較的強く、暖地では霜よけの必要はありません。私の庭では、1月の冷え込みにも傷んだ様子はありません。

ただし、寒地では、霜よけをする必要があります。

ふやし方

植え替えの時に、分球して増やすことができます。

肥料

花壇に植えた場合は、肥料をあまり与えなくてもよく育ちます。

鉢やプランターに植える場合は、植え付け、植え替え時に緩効性肥料を与え、暖かくなったら緩効性の化成肥料を追肥します。

病気・害虫

病気などは特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。