リューカデンドロン Leucadedron salignum

リューカデンドロンの花
写真 リューカデンドロン 'レッドデビル'
撮影時期 2015.8.26
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヤマモガシ科
リューカデンドロン属

園芸分類

半耐寒性常緑低木

別名

ギンヨウジュ

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え(庭植え)

花期

6月〜8月

【リューカデンドロンについて】

リューカデンドロンは、南アフリカ原産のヤマモガシ科リューカデンドロン属の常緑低木です。下の写真は英語のラベルが付いていて品種名の‘イエローデビル'という以外、性質もまるでわからずに買ったものです。

比較的耐寒性があり、関東以西の暖地では庭植えも可能ですが、極端な寒さに遭うと枯れてしまうことがあります。

栽培したところでは、庭植えでは下の写真のように枝がかなり密になりますが、購入した状態は枝が透けています。香南市野市町では珍しい−4度という低温に見舞われたときは、霜除けを軽くしていたものの、上の写真の'レッドデビル'は、十分に根付いていないこともあって枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

樹高

中には10mを超えるものもあるようですが、一般に出回っているのは1〜2mほどの樹高になります。写真のイエローデビルは、小型でラベルでは1メートルとなっています。

花は目立たちませんが、すぐ下につく葉が赤や黄色に色づきますので、こちらが鑑賞の対象になります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性があり、耐寒性も比較的ありますが極端な寒さには耐えることができません。

学名の説明

Leucadedron・・・・・ギリシャ語の leukos (白) + dendron (木)が語源です。

salignum・・・・・「ヤナギ属のような」

【主な種類と品種】

イエローデビル

小型の品種で樹高は1mほどになります。苞が黄色に色づきます。(写真下)

レッドデビル

苞が赤色に色づきます。

デビルズブラッシュ

小型の品種で、苞が赤色に色づきます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

比較的耐寒性がありますので、関東以西の暖地では庭植えができます。ただし、極端な寒さは苦手ですので寒さが心配な場合は鉢植えで育てます、特に、木が小さいときは鉢植えが安全です。また、入手した苗木も1〜2年は鉢植えにします。

過湿が苦手ですので、品種によっては庭植えでは育たない品種があるかもしれませんのでご確認ください。‘イエローデビルは庭植えで大丈夫でした。

暖地以外での栽培や過湿に弱い品種は、鉢植えで育てます。

苗木は春に園芸店に出ていましたが、流通が少ないのでネット通販で手に入れるほうが早道です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の2〜3割程度の腐葉土若しくはバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えで育てる場合は、購入した木が小さい鉢に植わっていることが多いですので、その場合は、一回り若しくは二回り大きめの鉢に植えつけます。

リューカデンドロンの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。

赤玉土、軽石、バーク堆肥を5:2:3程度に混ぜた用土を使っていましたが、特に問題はありませんでした。

植え場所・置き場所

庭植えの場合は、家の南側の日当たりがよく、水はけのよいところが最適です。北風の当たるようなところは避けるようにします。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

植え替え

鉢植えは、2年に1回を目安に植え替えをします。時期は、4月ごろが適期です。

日常の管理

鉢植えは、多湿にならないよう、鉢土の表面がよく乾いてから水やりします。

剪定

枝が乱れやすい品種もありますので、適宜、切り詰めておきます。

冬の管理

耐暑性があり、耐寒性も比較的強いと言えます。庭植えにしていますが、霜が時々降りても軽い霜では傷むことはありません。

ただし、特に寒さのきびしいときはや、植え付けて十分に根の張っていない木は、霜除けをする必要があります。

鉢植えは、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは控えめにします。

肥料

庭植えの場合は、ほとんど肥料を与える必要はありません。

鉢植えの場合は、春と秋に置肥をしますが、リン酸分の少ないものがよいとされています。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。